支援対象地域:札幌、仙台、関東、愛知、関西、広島、福岡


公開日:2020-09-03

はじめに

Webクリエイターは、Webサイトやコンテンツの制作に携わる仕事を行う人を指します。インターネットが普及している世の中で、情報収集のためWebを使って検索・閲覧を行なったり、ネットショッピングや申し込みなど、何らかの処理を行う際にもWebを用いて行うことが主流になってきました。今回はその仕組みを作成するWebクリエイターについて記載していきます。

Webクリエイターの特徴について

まず、WebクリエイターはWebサイトの作成を担うことからWebデザイナーと情報が錯綜することが多いですが、WebデザイナーはWebサイトのビジュアル部分の作成に特化した職業であり、Webクリエイターはクライアントやらの要望を具体化し、どのようにしていけば最適なWebサイトを作成できるかを考え、現場と共有する役割も持ちます。つまりWebクリエイターにとして働くには、Webデザイナーとしての知識などを習得しておくことはもちろん、クライアントや現場の方々と接する機会が多いので、十分なコミュニケーション能力も必要になります。

Webクリエイターとして所持しておきたい技術としてはWebを構成するHTML、CSSの言語習得はもちろんのこと、言語としてJavaScriptの習得も重要です。デザインから、動的なWebページを作成し、Webコンテンツの質を向上させ、クライアントの要望にしっかり応えるためにも、JavaScriptを使ってWebコンテンツを制作出来ることは重要です。また、CMSのようなWebサイトの構築や管理を行うツールの使い方も習得する必要があります。今やWebページの構成はこういったツールを用いて構築するのが一般的ではあるので、しっかり抑えておく必要があります。

上記のような技術が必要なことも踏まえ、Webクリエイターに求められることは、HTMLやCSSなどを用いてデザインを構築する創作力と、プログラミング言語を用いてWebサイトの運用を効率化したり、情報の発信力を高めるための方法を考える想像力になります。近年はパソコンだけでなくスマートフォンやタブレットといった機器からWebサイト・コンテンツ利用することが増えてきており、IT自体が進化を続けてきているので、その流行に合わせてWeb制作を行う必要があるため、常に最新の情報を吸収し、活かしていく必要もあります。さらに時代の流れは速く、最新だった情報がすぐに古くなったりしていくので、スピード感を持ってWeb制作に取り入れ、作業に取り組む必要性が生じる場合がほとんどなので、その点も意識する必要があるでしょう。

Webクリエイターになるための資格とは?

結論から言うと、Webクリエイターになるために必須な資格というのは存在しません。ただしWebクリエイターとしての能力を認定する資格は多数存在します。今回はその中の一部ですが、取得が望ましい資格の紹介をしていこうと思います。

Webクリエイター能力認定試験

Web業界内で最も受験者数が多い資格になります。合格することで十分なWebデザイン・コーディング技術を所持していると認定されます。初心者から現場で働いている人まで幅広い層が受験し、また状況によってスタンダード、エキスパートと受験レベルを選択可能です。自分の実力に合わせて認定試験を受けることが出来る柔軟性の高い資格試験になります。

Webデザイナー試験

Web制作に必要な根幹部分を求められる資格試験になります、。HTMLやCSSなどを用いてのWebページ作成、Webサイトの設計について問われます。合格率に関しては全体的に高めであり、Web制作に関わる職種の人はまず取得しておきたい資格になります。

Webデザイナー検定

上記と名前が似ていますが、異なります。名前にWebデザイナーとありますが、デザインだけでなくWebサイト制作におけるコンセプトや期間設定、費用面も考慮して効率の良いWeb制作を可能かどうかを試験します。合格することでWeb制作に関する幅広い知識を有していると認定され、Webクリエイターとしての活躍の場も広がることが期待されます。ベーシックとエキスパートの2種類があり、レベルに応じて受験できます。

Webデザイン技能検定

Webデザイン技能検定は国家資格であり、Web制作にかかわる知識だけでなく、ネットワークやシステムについても理解しておく必要があります。レベルは1級~3級まであり、各級を受験するための条件があるので、確認しつつ資格試験を受験することをおすすめします。

まとめ

この記事ではWebクリエイターについての特徴と取得が望ましい資格について記載してきました。Web業界で自分の発想力を武器に、実績を残し、キャリアを積んでいきたいとお考えの方は、Webクリエイターを目指されることをおすすめします。発想力と想像力だけでなく、Webに関する幅広い知識が必要となるので、活躍するまでには非常に困難な道のりとなると思いますが、その分やりがいや将来性の安定にもつながってくるかと思いますので、Web業界に興味のある方はそのようなキャリアパスを検討されてみてはいかがでしょうか?ご拝読いただきありがとうございました。