仕事が奪われてきた歴史とAI(人工知能)について

現在、AIによって仕事が奪われてしまうと話題になっています。しかし、これまでの日本の歴史の中でも何度か発明による失業はありました。例として生産革命のときと、産業革命のときです。

生産革命のとき、日本は狩りの生活から農業の生活へ変わるときです。農業は定住生活で、狩りの生活より食料供給が安定し、生産性も高い。定住生活を始めると狩りを行う必要がなくなるので、狩りをしていた人は、農業をするようになり、次第に狩りという仕事はなくなっていきました。

皆が農業をすると農業が上手になる。そうなると、皆が農業をする必要がなくなる。つまり、農業をしなくなる人が出る。この農業をしなくなる人は農業が下手な人ではなく、上手な人です。農業をしなくなった人は何をするか?農業が上手な人は「神官」になります。
「神官」は、「こんな工夫をすると生産力があがるよ「今年は洪水が早く来るから早めに収穫すべきだ」といったように、農業が下手な人に指導をしていきます。
神官は、農業が上手という実績があるから農業が下手な人はそのノウハウを欲しがって、ノウハウを教えてもらった対価として、神官に作物を渡すといった生活が始まりました。
神官のノウハウは「神のおつげ」として伝わるが、神官の言うことは必ず役に立つとは限らなかったので、農業が下手な人の生活が悪化していきました。
この政治を「神権政治」と呼ばれています。
神権政治の代表例は「卑弥呼」が有名です。
神のおつげが外れても対価は作物として払わないといけませんでした。この対価がのちの税金となりました。この結果として農業が下手な農民は奴隷になります。


産業革命とは、機械化による生産性が大幅に向上した革命で資本主義の原点です。
当時、ノーフォーク農法というのが発明されて、土地単位辺りの土地生産性が急上昇したといわれています。そうすると、今までよりも少ない農民の数で、同じ量の農業生産物を作れるようになります。次第に、多くの農民は失業者となりました。
この失業者はどうなるか? それは、都市に渡り、賃金労働者になりました。賃金労働者は資本家に労働力を提供することでお金をもらい、そのお金で生活するようになりました。

この2つの例に共通して言えることが、明確な上下関係ができ、下の者は大変苦しい生活を送っていた、ということになります。これは歴史においていつの時代でも言えることだと思います。


では、AIによって人間の仕事が奪われるとどうなるか?歴史的に見れば、
・新しい仕事が作られる。
・仕事をしない人間が生まれる
のどちらかになるといえます。
新しい仕事ができれば仕事を作った人が上位階級となり上下関係が生まれ、下で働く人間は苦労することになります。

仕事を作れない場合は?これは古代ギリシャや古代ローマの時代にあたります。

古代ギリシャは「奴隷に仕事をやってもらうことによって仕事をうばわれる」例です。
古代ギリシャのアテネはイオニア人という人が作った都市で、もともとはアカイア人が住んでいました。それをイオニア人が征服しアカイア人を奴隷にしていました。
そして、アテネの人々は働かなくても食べていける生活をしていました。
そのころ、アテネの人々は、広場で談笑したり、神話を作ったり、神殿に行き神への祈りを捧げたり、哲学にふけったり、脚本を作って上演したりしていました。
現在でいう、youtuberなどが同じような感じです。
しかし、他の都市で、自由なことをしていた人々は、国防をしていて、他の都市を滅ぼして勢力圏を広げ、もっと裕福な生活を求めていました。
結果、古代ローマに滅ぼされました。


古代ローマにも、仕事をしていない人がいました。その人たちは、周辺国を服属させてその富を奪っていきました。そして、ローマ帝国まで成長し、ローマ帝国は、収穫物を税金としていたが、やがて、通貨(お金)を税金としてあつめました。
当時の通貨は、金で作られそれだけで価値があるので、世界的にも大変裕福な国に成長しました。
ローマでも階級があり、貴族と平民で、貴族にお金が集中する仕組みになっていました。
お金のある貴族の政治家は平民に食べ物を配っていました。理由は、「食べ物を与えてるんだから、選挙は俺に投票しろ。」ということです。
つまり、
政治家が平民に食べ物を配る。

平民はその政治家を支持する。

その政治家が当選する。

政治家がローマの政治を動かす。(お金の流れを操作できる)

周辺国からの利益を、政治家が独り占めする。

そこから生まれたお金で平民に食べ物を配る。

という流れができていました。


まとめ。
このように現在起きている社会変革も、歴史が繰り返されているだけと考えられます。
そして、今後起きる社会変革も今までどのようにされてきたのかを、歴史をさかのぼって学べばいいと考えます。
これから起こりうる、AI による社会変革には、何が特徴でどんなスキルが必要とされるのかを考えればよいです。
AIの特徴は、「ルールを定義して、そのルールに従って多くの試行を行わせることで、正しい回答を導き出せるようにする」というものです。
逆に、できないもの、ないものとは
「人と人を繋げるコミュニケーション能力」
「新しい仕事を考えること」
しかし、このスキルに特化した職業は少なく、カウンセラーや、恋愛コンサルタント、ホスト、キャバ嬢、起業家、企業コンサルタントなどがあげられます。
他に新しく何らかの形として新しい職業が生まれるかもしれないでし。
1つ言えるのは、コミュニケーション能力と、新しい仕事を考える力は決して簡単なスキルではなく、とても深い知識と能力が必要となるでしょう。

人工知能案件一覧
データ分析案件一覧
ビッグデータ案件一覧
Python案件一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です