ITフリーランスになる方へ

選ばれるITフリーランスとは

企業や団体に属することなく、自らの技術を提供しているのがフリーランスです。
企業や団体に属していないが故に、企業コンプライアンスなどのしがらみに囚われることがありません。
比較的自由に活動できるのがフリーランスですが、決して甘い世界ではないのも事実です。
ここでは、「選ばれるフリーランスとはどんなフリーランスか」について考えてみたいと思います。

クライアントとの信頼関係

経済的観点から市場を見てみると、消費者はどの生産者から財・サービスを消費するか選ぶ権利があります。
例えば、お店で買い物をするときには陳列されている商品の中からどれを買うか選ぶと思います。
何を以って判断するかは人それぞれですが、やはり信頼のおけるメーカーから販売されている商品を手に取ることが多いのではないでしょうか。
消費者は生産者との信頼関係を何よりも重視するものです。だからこそ、サービスを提供するフリーランスはクライアントとの信頼関係が何よりも大切になるのです。

他を圧倒する技術力や専門知識を持っている

プログラマやSEとして活動するからには、当然ながらプロ相応の技術力や専門知識を兼ね備えている必要があります。
これは受注先の拡大やクライアントとの信頼関係を築くうえで非常に大切なものです。
特にフリーになりたての頃は知名度がないこともあり、どうしても前職や知り合いの紹介から仕事を得ることが多くなりがちです。
しかしそうなると仕事がタコツボ化することは時間の問題です。
他を圧倒するほどの技術力・専門知識は一朝一夕で身につくものではありませんが、前職で培った経験や技術は持っていると思います。
その中から自分の秀でている才をさらに伸ばすことで、他の技術者との差別化を図ることができます。
フリーになりたてであれば、他を圧倒する技術力・専門知識を養うことに尽力し、自分の武器となり得るものも見つける必要があります。

ITフリーランスの魅力

フリーランスのプラグラマやエンジニアとして働くと不安に感じることもありますが、ITフリーランスとしての働き方には多くの魅力があります。こちらでは、ITフリーランスの魅力についてご紹介いたします。

仕事の選択肢が増す

会社に属している場合、自分の好みに関わらず会社都合の仕事や与えられた仕事をこなすことが基本となります。つまり、会社組織の一員として会社での役割が最も優先されます。一方、フリーランスの場合、能力さえあれば自分がやりたい仕事、自分の得意分野の仕事を選んで働くことが可能です。
多くの選択肢の中から自分好みの仕事を選ぶことができる、これはフリーランス最大の魅力です。

副業が可能

多くの会社は副業を禁止していますが、当然のことながらフリーで働く場合、会社の就業規則のような制限はありませんので、空いた時間に副業をすることが可能です。
様々な知識や技術を持っていれば、空き時間を有効活用してセミナー講師、ITコンサルタントとして働くのも良いでしょう。

収入がアップ

会社勤めの場合、いくら営業成績を上げてもその全てが自分の収入にはなりません。売上は基本会社のもので、その中から「給与」として従業員に支払われます。フリーランスは、事業収入を得ることが可能となります。つまり、自らがJavaやAndroidなどの開発、案件に携わった分だけ収入をそのまま得ることができるわけです。会社のように給与という形態ではないため、収入がアップします。

ITフリーランスが身につけたい「自己管理能力」

ITフリーランスに求められるもの、それは「自己管理能力」といっても過言ではありません。
自己管理能力の高さは、後々の収入アップにも繋がります。
では、自己管理能力とは具体的にどういったものなのでしょうか?

体調管理に気を配る

仕事が忙しくなると、どうしても自分の身体のことは後回しになりがちです。
でもフリーランスの場合、体調を崩してしまうと、そのまま収入の減少に直結してしまいます。
そればかりか、クライアントからの信用を失うことにもなりかねません。したがって、ITフリーランスとしてうまく仕事をこなすには、常時良い状態で仕事が行えるよう体調管理に気を配ることが大切です。

自らを律する

フリーランスの魅力は自由に仕事が行えることですが、その自由さはときに自分自身に「甘さ」を生み出すことも考えられます。そのような甘さは、後々収入の減少やクライアントの信用低下に繋がる場合もあります。そのためフリーランスだからと自分に甘えることなく、仕事と休息のメリハリをつける、自らを律する心がけが必要となります。

スケジュール管理

ITフリーランスとして働くには、案件の数はもちろん、その案件の優先順位や内容を的確に把握することが求められます。それはつまり、仕事をどれぐらいのペースで進め、どれだけの時間で行えるかの「スケジュール管理」が求められることを意味します。このスケジュール管理が徹底されていなければ、フリーランスとして働くのは難しいかもしれません。
したがってフリーランスは、自らのスケジュールを自らがしっかりと管理することが求められます。

ITフリーランスが考えておくべき年金

こちらでは、アプリ開発で持っている力を発揮したい、ITフリーランスの求人に応募して技術を磨いていきたいとお考えの方向けに、ライフプランの中でも重要な年金についてご紹介しています。

老後の資金は人生で重要

ライフプランニングに興味のある方ならば、「人生の三大資金」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?教育資金・住宅資金・老後資金の3つが挙げられます。幸いITフリーランスは第一線で活躍できる技術や人間性を磨き、積極的に求人を勝ち取っていくことができれば定年はありません。しかし、老後は誰しも必ず訪れるものです。フリーランスとして働けなくなったとき、生活を支えるお金として老後資金をどうやって増やすかが注目されています。

国内の年金制度

スマホのアプリ開発やITシステム構築に携わるフリーランスのSEは、個人事業主という扱いになります。老後資金というとまず年金を思い浮かべると思いますが、現行の制度上個人事業主がもらえるのは国民年金のみです。サラリーマンは厚生年金、公務員はプラス公務員共済があることを考えると最も老後の保障が手薄い被保険者となります。現行の制度だけではなく、自分で用意する方法を考えることも必要なのではないでしょうか。

どのように用意するか

フリーランスが老後資金をどのように用意するかを考えた際、「備蓄を増やす」「老後にもらえる額を増やす」という2つの方法が考えられます。備蓄を増やす方法は要するに貯蓄を増やすことです。預貯金だけでなく、不動産やその他様々な形での財産を保有、積極的に投資をするという方法があります。また、老後にもらえる額を増やす方法は国民共済や国民年金基金、民間の生命保険会社の積み立てなど、プラスアルファの年金が考えられます。

ITフリーランスが求人を勝ち取る方法

フリーランスのSEやプログラマが求人や営業を勝ち取っていくためにもっとも必要なものは、クライアントからどれだけ信頼されるかではないでしょうか。こちらでは、人間関係を構築する上で重要な「信頼の素」をご紹介します。

人間としての誠実さ

信頼関係を構築する上で、まず人間として誠実かどうかが求められます。例えば、人手不足の企業様が募集する求人にJavaやPHPの知識豊富なエンジニアが来たとしても、人格面に難がありチームオペレーションに支障をきたすような「人材」であれば、決して採用されるとは思えません。チームやクライアントに対して真面目で行動に一貫性があり、絶対に裏切ることは無いという安心感はフリーランスで信頼構築していくための第1歩です。

どんなことをしたいのか

企業様の求人においては目的が明確化され、積極的に動ける人材が求められています。例えば、クライアントが新米のフリーランスエンジニア様に業務委託する場合でも、なぜエンジニアという職業を選んだのか、なぜフリーランスという選択肢だったのか、というビジョンがある人材は将来性を買われて依頼を勝ち取るケースがあります。それを1つずつ着実にこなしていくことで、信頼を得てより高い貢献度を期待される循環が生まれます。

どれくらいの力を持っているのか

営業や企画・開発などどのような業務であっても、有言実行できる人材は信頼されるものです。「有言実行」を実現させていくためには、それを実現できるだけの力も必要なのではないでしょうか。特にITフリーランスとして経験を積めば積むほど、即戦力として期待される業務は多くなります。求人活動や営業活動の中で信頼を勝ち取るためには、PHPやLinuxに関する知識や技術はもちろんのこと、それを活用してどのような結果を出してきたかをアピールするのが一番です。

ITフリーランスに向いている人の性格とは?

長年勤めていた会社を辞め、独立の道を選ぶ人の事情は様々です。会社組織に属さずにフリーランスとして転身するにも、ある程度の資質や適性が求められます。会社勤めとフリーランス、果たしてどちらのワークスタイルが自分に合っているのでしょうか?以下のチェック項目に目を通してみるのも、転職を考える上での一つの見極めポイントになるかと思います。

一人の時間が好き

会社組織の中で働くよりも、自宅で誰にも邪魔されず一人で黙々と作業を続けられる人がフリーランスに向いているといえます。サラリーマン時代は、上司や部下、同僚達と毎日顔を合わせなければなりません。会社仲間に気をつかうのが疲れるという人は、独立してフリーになればそのストレスから開放されます。

新しい情報に敏感

フリーランスのメリットの一つとして集中して励めるということでしたが、同時に監督、コーチ役が居ないということになります。ご自身で情報収集を行い常にアンテナを張っていなければなりません。情報が次々と更新され発信している時代、進化する速度に対応できる情報収集力が必要となるのです。そのようなときでも「ダメだ」と悲観的にならず、コツコツと前に進める方が、フリーランスとして生き残っていけるのです。

何事にも努力を惜しまない

当然のことですが、本気で努力しなければ、独立後に勝ち組の仲間入りを果たすのは不可能です。競合他社(他者)が増え続けるこの世界で生きていくには、常に上昇志向を持って取り組まなければなりません。
その分野に関する知識・スキルを学び、独創的なアイデアを生み出すために、プライベートの時間を削ってまでも仕事に打ち込む、という強い信念と努力を惜しまない姿勢が、クライアントの心をグッと掴み、様々な案件を任されるようになるのです。

予測できる失敗例から学び成功へ繋ぐ

新しいことを始めれば、少なからずリスクがあり、失敗はつきものです。何かに挑戦して挫折した過去はありませんか?そのような経験は誰にでもあるはずです。しかし、失敗は決して悪いことではありません。そこから多くのことを学び、今後のトラブルを回避し、改善に繋がるヒントが探せるからです。
こちらでは、ITフリーランスに起こりやすい失敗例を挙げています。

自分の処理能力を知ろう

ITフリーランスとして活動をスタートさせると、「来るもの拒まず」という姿勢で、依頼された案件をすべて引き受けてしまう傾向にあります。仕事を断れきれずに詰め込んでしまえば、納期まで間に合わせるのに必死で、一つ一つの案件に対して作業が雑になってしまうでしょう。
そうなれば当然クライアントからの信用は失いますし、フルで働けば、あなた自身の体調にも影響が出てきます。取引先をきちんと絞っておかないと、クライアントとそのライバル会社の両方から仕事を受けてしまった、と後々気づくこともありますから、一日に処理できる仕事量と受注量のバランスを事前に考慮しておかなければなりません。

安請け合いし過ぎると赤字になる

独立後は、以前の職場の関係者や身近な友達から、「格安でやって欲しい」「無料でお願い」などと頼まれるケースが非常に多いです。無理をして引き受けると、それが悪い癖として染みついてしまいます。
「やっぱりやらなきゃ良かった」と後悔の素となり、自己嫌悪の悪循環が繰り返されるのです。仕事をする上では、安請け合いは絶対しないよう、肝に銘じておきましょう。「お得意様だから」と断りづらい気持ちも分かりますが、信頼関係はあなた自身のサービスで勝負すれば良いのです。

知っておきたい節税対策

ITの進化と社会環境の変化により、ITフリーランスという新しい働き方をする方が増えています。PHP、Java、VBAなど様々な言語を専門としているプログラマーの方のなかには、独立することでこれまで以上の収入を得ることもあるでしょう。しかし、フリーランスになると様々なことを自分で行わなくてはならないことが多く、そこに戸惑う方もいらっしゃるようです。そのなかのひとつに確定申告があります。
会社に勤めていたときは会社が給与から天引きし、税金を代わりに収めてくれていたはずです。フリーランスになると自分で確定申告を行い、所得税など税金を納めなくてはなりません。

必要経費をしっかり把握して節税をしよう

所得税は、1月1日から12月31日までの1年間に得た利益に対して課される税金のことです。フリーランスの所得とは年間総売上から必要経費を差し引いた金額となります。よって必要経費をしっかり把握し、モレがないよう計上すると節税につながります。

ITフリーランスの必要経費について

フリーランスになると自宅で仕事をしたり、自分の車で移動したりすることが増えます。そうなると家賃や水道光熱費、交通費、通信費などが必要経費にあたると知らず、税金を多めに納めていることもあります。
フリーランスにとっての必要経費とは、利益を得るために使用したお金すべてであることを認識しましょう。そう考えると家賃や水道光熱費、交通費、通信費の一部が必要経費だということになります。
他にも営業や仕事の打ち合わせに使用した飲食費、PC関係の消耗品費、仕事の付き合いの方への年賀状印刷費などが必要経費として計上することができます。

ITフリーランスになるための事前準備

フリーランスとしてやっていくことを決意するのは、とても大きな決断だと思います。近年、自分の得意分野を活かして働くことで収入アップも可能とあってとても注目されています。
しかし、行動に移す前の事前準備ができていないのにも関わらず、気持ちだけが先走ってしまう方が多いのも事実のようです。
そこでフリーランスになる前の事前準備とはどのようなものかをご紹介させていただきます。

退職前に準備を始める

定職についている方は、退職する前から事前準備を始めることをおすすめします。完全に独立する前に二足の草鞋を履くことで柔軟性が確保でき、運用資金を稼ぐことも可能となります。また、余裕があれば退職前にあなたに変わって次のお仕事を探してくれるエージェントを見つけておくと良でしょう。

機器を揃える

プログラマーやシステムエンジニア(SE)などITフリーランスには様々な業種がありますが、最低限の機器を揃える必要があります。契約書や領収書を作成するためのプリンターや、作業がスムーズに行える大きさのデスク、長い間作業していても苦痛にならない椅子などの備品を少しずつ揃えておくと良いでしょう。

運用資金は信頼できる税理士に任せる

フリーランスになった場合は、自分の頑張り次第で収入がアップします。会社で働いていたときとは違い、領収書を一枚一枚確認しながら収入や支出を自身で計算しなければなりません。その資金運用を信頼できる税理士の方に任せることをおすすめします。そうすることで、余計なことを考えずに仕事に集中して取り組むことができます。

新着案件はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です