セキュリティ案件について
セキュリティエンジニアのフェーズ

ITエンジニアの平均年収がおよそ500万円であるのに対して、セキュリティエンジニアの平均年収はおよそ550万円です。このように比較的高額な年収となっている理由は、セキュリティエンジニアに必要な知識やスキルが多く、人材が不足していることが挙げられます。特に人材不足は深刻であり、2020年時点で20万人近い人材が不足すると言われているため、今後は年収の増加も期待できます。

セキュリティエンジニアの仕事内容

・企画
・設計/実装
・テスト
・運用/保守

企画では、クライアント企業のシステムやセキュリティの状態について調査および分析し、システム全体の現状を把握します。その後、必要なセキュリティ対策の企画・提案を行います。その他には、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)やプライバシーマークの取得をサポートする場合もあります。
設計では、企画の段階で決定したことを基に、サーバー機器といったハードウェアやアプリケーション、ネットワークなど、包括的なセキュリティシステムの設計を行います。その後、設計を基にネットワーク機器やOSなど、各レイヤーについて設定やセキュアプログラミングを行い、セキュリティシステムを実装します。
テストでは、実装したセキュリティシステムについてペネトレーションテストや脆弱性診断を実施し、脆弱性の有無や正常に動作することを確認します。この時点で脆弱性が確認された場合は、設計/実装工程に戻り対応策を検討します。
運用/保守では、OSやアプリケーションをアップデートし、常に最新の状態に保つ一方で、サイバー攻撃やシステム障害などのアクシデントにも対処します。

必要な資格

セキュリティエンジニアとして働くために必要な資格はありません。しかし、資格を取得することで知識やスキルの習得ができ、仕事上で有利に働きます。以下では、おすすめの資格を3つ紹介します。

・情報処理安全確保支援士
IPAが実施する情報セキュリティマネジメントやセキュリティ対策に関わる業務を担当するエンジニア向けの国家資格です。資格制度の信頼性向上のため、最新の知識や技能の維持などを目的とする定期的な講習が義務付けられています。

・CCSP
(ISC)²が提供する、クラウドサービスを安全に利用するために必要な知識やスキルを体系化した資格です。CCSP認定試験の合格以外にも認定要件があり、それら全てを満たすことでCCSPに認定されます。また、継続的な学習の推進などを目的とする認定継続要件があることも特徴の1つです。

・CISSP
(ISC)²が提供する、国際的に認められた情報セキュリティ・プロフェッショナル認定資格です。本資格もCCSPと同様で、認定要件や認定継続要件が設けられています。

  • TOP
  • > セキュリティ の案件

検索キーワード:セキュリティ

検索結果:0件

該当する求人はありません


  • 1



セキュリティエンジニアの仕事について
セキュリティエンジニアに必要なスキル

セキュリティエンジニアは、情報セキュリティマネジメントや、アプリケーション、ネットワーク、ウイルスや不正アクセスといった攻撃、個人情報保護法をはじめとする法律など、幅広い知識やスキルが要求されます。その一方で、こういった専門的な知識以外にもセキュリティエンジニアに求められるスキルがあります。

・高いモラルと責任感
セキュリティエンジニアの仕事では、企業の情報セキュリティに携わるため、守秘義務を遵守しネットワークやシステムを安定かつ安全に運用することが求められます。

・コミュニケーション能力
セキュリティエンジニアは経営層や現場の担当者等、さまざまな人とコミュニケーションを取る機会が多いです。特に、必要なセキュリティ対策の企画・提案では経営層にセキュリティ対策の必要性を説明する場面があり、専門知識などは分かりやすい言葉に変え論理的に説得する必要があります。

・洞察力/想像力/発想力
サイバー攻撃は巧妙化しているため、既存の攻撃を防ぐだけでは不十分です。今後起こり得る想定外の攻撃も未然に防ぐためには、常識にとらわれず柔軟な発想であらゆるケースを想定し、それらの対処方法を考える必要があります。

セキュリティエンジニアの将来性

セキュリティエンジニアの将来性は高いといえます。その理由としては、まず人材不足が挙げられます。セキュリティ人材は2020年時点で20万人近く不足すると言われており、今後も更に深刻化することが予想されています。また近年では、IoTが拡大しており、家電やそれらを制御するシステムもインターネットに接続されるため、セキュリティの重要性が増しています。
更に、拡大するITインフラからの情報漏えい対策や、電子マネーおよび仮想通貨などのデジタル化された個人資産を守るためには、高度で先端技術を活用したセキュリティ対策が必要です。以上の理由から、セキュリティに関して専門的な知識やスキルを有するセキュリティエンジニアの需要は今後も伸びることが予想されます。