Webディレクター案件について
Webディレクターのフェーズ

IT技術が進化している世の中で、Web開発の需要は常に存在するため、Web制作における中核を担うWebディレクターの需要も高い傾向にあります。ただしWebに関する高度な知識やプロジェクトを管理する技術が求められるため、未経験で参画できる案件は少ないことが現状です。Webデザイナーやフロントエンドエンジニアなどの経験を踏まえた上で、Webディレクターとして案件に参画することが重要であるといえるでしょう。

Webディレクターの相場

Webディレクターの相場は案件によって状況が異なりますが、約60万円~80万円ほどとなっております。Webディレクターとしての開発経験が多いと相場も高くなる傾向があり、案件によっては100万円を超える案件も存在します。

Webディレクターの仕事内容

・Webサイトのディレクション業務
・オンラインゲーム制作のプロデュース
・業務支援システムの開発
・Webサイトの運用に関する業務
Web制作に関するプロジェクトの管理や指揮を行うため、コミュニケーション能力やWeb制作における知識を十分に発揮できる業務がほとんどです。責任は伴いますがやりがいも非常にあるため、興味のある分野のWebディレクター案件に参画していくことをおすすめします。

Webディレクターに必要な知識

Webディレクターには前述した通りWebに関する幅広い知識が必要です。Web制作に関するプログラミング言語・ツールについて少し紹介します。

・Web制作に関わるツール

Webサイト作成ツールとして重宝されているのがPhotoshopやIllustrator、WordPressです。写真の加工・編集やイラストの作成・加工などWebページを彩りよく飾るために非常に有用なツールで、知識を習得しておくべきといえるでしょう。また、サーバーサイド側の開発環境としては、Javaなどに重宝される統合開発環境であるeclipseなども知っておくと良いツールです。

・Webに関するプログラミング言語

Webサイト作成に関わる言語として有名なのはHTML・CSSで、習得は必須といえるでしょう。動的Webサイトを作成する際に用いられるJavaScriptもWebに関わる案件にはほぼ必須の技術となっています。JavaScriptのライブラリであるJQuaryやReactなどの知識もあると案件の幅は広がります。またWeb制作のサーバーサイド言語であるJavaやPHPに関する知識もWeb制作を統括・管理する立場としては習得しておきたい技術です。

  • TOP
  • > ディレクター の案件

検索キーワード:ディレクター

検索結果:0件

該当する求人はありません


  • 1



Webディレクターとは
Webディレクターの概要

Webディレクターは主にWeb制作に関してのプロジェクトの管理・指揮を担う職種です。仕事の流れとしてはクライアントからの要望を聞き取り、その要望に合わせてプロジェクトの管理を行います。WebデザイナーやWebエンジニアとクライアントからの要望を正確に共有することが重要となってくるため、高いコミュニケーション能力が求められます。Webシステムの構築に携わるというよりは、Web制作に関する全体のマネジメントを行う職種です。ただし案件によってはWebデザイナーやWebエンジニアが担う仕事を行う場合も存在します。そのため、Webディレクターには多くの技術が求められるため大変な仕事ですが、その分得るものも非常に大きいため今後のキャリアパスの1つとして検討することをおすすめします。

Webディレクターの将来性

スマートフォンの普及により、Web技術は重宝されているためWeb関連の業務は今後も増加していくと予想されます。反面Webエンジニアなどの人数は少ない傾向にあるため、今後も人手不足が懸念されています。そのためWebディレクターの需要は今後も増えていく傾向にあるといえます。また、さらなる上位案件取得のため、Web制作に関する技術を身に着けておくことが最終的には自身の将来性の安定に繋がるため、常に世間の動向を確認しておくとよいでしょう。