Webデザイナー案件について
Webデザイナーのフェーズ・相場

スマートフォンの普及によって、近年のWeb事情は私たちの生活において切り離せないものになってきつつあります。そのためWebデザインの重要性は非常に高く、Webデザインが可能な人材の需要は高くなってきています。Webデザイナーの相場は案件の状況によって差異はありますが、約40万円~70万円前後と言われています。開発経験が多いほど単価の向上も期待できるでしょう。

Webデザイナーの仕事内容

・Webサイトのデザイン・コーディング作業
・UI・UXデザイナー
・Webにおけるバナー・コンテンツの作成業務
・業務系システムの構築 など
主にWeb制作におけるWebページのデザイン・構築業務を行います。Webページの見た目だけでなく、利用者が使いやすい設計にする技術も求められます。また、Webデザインに加えフロントエンドエンジニアとして参画する案件も存在します。

Webデザイナー関連の資格

Webデザイナーになるために必須の資格というものはありませんが、取得することで自身の技術を証明することが可能なため、積極的な資格取得をおすすめします。ほんの一部ですが、以下に紹介します。

・HTML5プロフェッショナル認定資格

HTML5プロフェッショナル認定資格はWebページのマークアップやコーディング技術に関する技術力を試す資格試験です。レベルが分かれており、レベル1ではWeb制作における基礎技術を求められ、レベル2ではそれらに加えWebアプリケーションなどの開発技術についても問われます。Webデザインの基礎から応用まで出題されるため、学習面でも非常に人気の資格試験です。

・Webデザイン技能検定

Webデザイン技能検定はWebに関する幅広い知識とデザイン要素を兼ね備えて出題される国家資格です。難易度は低い順から3級~1級とあり、レベルが高くなると一定の実務経験がないと合格は難しくなります。

  • TOP
  • > デザイナー の案件

検索キーワード:デザイナー

検索結果:1件
UI/UXデザイナー
■業務内容・UI/UXデザイン制作・グラフィック制作・その他デザイン制作■求められるスキル・Illustrator、Photoshopなどを用いた実務経験・ソーシャルゲームにおけるUIデザインの実務経験・Unityを使用したUIデザインの実務経験・画面デザインができる方



  • 1



Webデザイナーの技術について
Webデザイナーに関する技術

Webデザイナーとして仕事をするにあたり、必要な技術が存在します。その技術について、プログラミング言語とツールに分けて紹介します。

・プログラミング言語

Webのマークアップ言語であるHTML、スタイルを整えるCSSについては必須です。それに加え動的Webページを作成するために必要なJavaScriptも求められる案件が増えています。Webデザイナーの今後のスキルアップとしてはフロントエンド技術も必要となるため、習得すべき言語であるといえるでしょう。また、Web関連の案件に携わる関係上、バックエンドの言語であるPHPやJava、Rubyなどの技術、も習得しておくとさらに案件の幅が広がるでしょう。

・ツール

まずイラストの編集を行うIllustrator、画像の編集を行うPhotoshopは使いこなせることがほぼ必須です。それに加えWebページの構築を簡易化するWordPressなども案件によっては利用技術が求められます。UI/UXに関するツールも利用できるとなお良いでしょう。

Webデザイナーの将来性

Web業界自体が非常に盛んなため、Webデザイナーの需要が減少することは現状あまりないと推測されます。ただし技術の進歩もあり、今後将来的に安定にキャリアアップを目指す際はWebデザイン以外のWebに関する業務や、デザイン以外の領域の技術・資格を身に着け、経験を積んでいくことが必要でしょう。