ネットワーク案件について
ネットワークエンジニアのフェーズ

ネットワークエンジニアの平均年収はおよそ450~480万円です。他のIT職種の年収よりも高額とは言えませんが、スキルや資格を習得し実務経験を積むことで年収を増やすことができます。

ネットワークエンジニアの仕事内容

・ネットワーク設計
・ネットワーク構築
・ネットワーク運用・保守

ネットワーク設計では、システムに対するクライアントの要望をヒアリングし、要件定義を行い設計書を作成します。また、この工程では、各種OSやセキュリティ、サーバーに関する知識だけでなくコミュニケーション能力やプロジェクトのマネジメント能力、プレゼンテーション能力も要求されます。
ネットワーク構築では、スケジュール策定と作業内容の計画を行った後に、ネットワーク機器の設置や配線、ソフトウェアのインストール作業をや各種設定作業を行います。構築終了後は、通信・ネットワーク負荷・セキュリティに関するテストを行い、不具合がないことを確認し運用開始となります。
ネットワーク運用・保守では、ネットワーク利用者からの問い合わせや機器故障などのトラブル防止・原因の特定と対処、ネットワークシステムのアップグレードやバックアップデータの作成および復元などの問い合わせが主な仕事になります。

必要な資格

ネットワークエンジニアの仕事では、必須の資格はありません。しかし、資格を取得することでネットワークエンジニアに関連する知識やスキルの習得ができ、それを保有している証明としても活用できます。以下では、ネットワークエンジニアに関連する資格を2つ紹介します。

・シスコ技術者認定
シスコシステムズ社が実施している資格で、グローバルに通用し多くの企業で評価されています。難易度に応じていくつかレベルがあり、ネットワーク構築や運用、トラブル対応といった作業できることを証明するCCNA、大規模なネットワーク設計、構築などができることを証明するCCNP、ネットワークエンジニアとして最も高い水準の知識やスキルを証明するCCIEがあります。下位資格を取得することで上位資格に受験できるため、上位資格を取得するにはCCNAから順に取得する必要があります。

・ネットワークスペシャリスト試験
IPAが実施している国家資格であり、受験資格は特にありません。スキルレベルは4に相当し、ネットワークエンジニアとして、ネットワーク設計や構築などの全ての工程を主導的に行うことができ、人への指導もできることを証明する資格です。

  • TOP
  • > ネットワーク の案件

検索キーワード:ネットワーク

検索結果:2件
ネットワークに詳しい方(営業支援) - 5日前に公開
■業務内容・提案書・見積書・契約書といった書類の作成・モバイル端末・各種サービスの設定作業・運用保守時等のフォロー、故障切り分け、対応■求められるスキル・ネットワークに詳しい方・宿泊を伴う遠方出張が可能な方■年齢・40代まで■備考・外国籍不可・人物・勤怠・健康面・コミュニケションに問題無い方
金額:510,000円/月



NW/監視保守業務 - 7日前に公開
■業務内容・モバイルネットワークの監視保守■言語・Excel、Word操作及び、基礎的なITリテラシー■求められるスキル・【移動体通信】又は【運用監視保守経験】・英語翻訳、英会話スキル・第一級陸上特殊無線技士、CCNA資格保有・モバイル系の資格■年齢・20代希望■備考・外国籍不可
金額:370,000円/月



  • 1



ネットワークの仕事について
ネットワークエンジニアの仕事で必要なスキル

・コミュニケーション能力
要件定義をする際は、ヒアリングによりクライアントの要求を把握します。また、テスト結果をクライアント側の担当者に説明する場面もあり、ネットワークエンジニアは明確で簡潔なコミュニケーションを心掛けることで、相互の信頼関係を築くことができます。その他にも、チーム内のエンジニアと協力してプロジェクトを進める上でも高いコミュニケーション能力は役立ちます。そのため、業務を円滑に進めるためには、高いコミュニケーション能力は必須のスキルと言えます。

・論理的思考能力
ネットワーク設計では、障害時の対応を考慮しつつ、必要な要件を漏れなくまとめて最適なネットワークを設計します。また、問題発生時にはその原因の究明や分析、解決を行うため、ネットワークエンジニアは高い論理的思考能力が求められます。

・情報収集能力
ネットワークエンジニアにはネットワークに関する知識以外に、IoTやAI、ビッグデータをはじめとする最新のIT関連情報を収集しておく必要があります。これは、現場のコミュニケーションだけでなくコストやセキュリティ、技術を提案する場面でも役立ちます。

ネットワークエンジニアの将来性

近年では、自社サーバーをAWSやAzure、GCPなどのクラウドサービスに移行するケースが増えています。そのため、従来のような新規構築などの業務は減っていきますが、保守・運用については、今後もネットワークエンジニアの需要があると言えます。
とはいえ、楽観視はできません。長期的にエンジニアとして活躍するためには、クラウドサービスやそれに関連する仮想サーバー、仮想ネットワークなどの技術を習得しておく必要があります。その上でセキュリティに関する知識やスキルを習得しているエンジニアは重宝されます。
したがって、ネットワークだけでなくクラウドやセキュリティなど、インフラに関わる幅広いスキルを習得するこで、エンジニアとしての将来性を高めることができます。