ビッグデータ案件について
ビッグデータ案件のフェーズ
システム開発やWebサービス開発の案件が多数となります。他にはデータ分析の案件と合わせての募集などもあります。
ビッグデータが採用されている業種/業界
ビッグデータを保有している企業が低コスト化を目指しているのがメインです。住設、テレビ・広告、ゲーム系など幅広い業界が採用しています。特に大手企業はビッグデータを保有している傾向が強いので、キャリアアップを望めるでしょう。
ビッグデータが採用される理由
近年はあらゆる電子機器によりログの保有ができるようになりました。場合によっては一人の人間がどのような生活をしているのか、どのような嗜好をしているのかもログやデータにより分析が可能です。企業として顧客のデータを分析して、より良いサービスを展開していくことは今後の成長を考える上でも重要になります。特に大手企業が持つビッグデータは想像を超えるデータ群となるので、活用次第では大きい利益を獲得できる可能性もあるでしょう。
ビッグデータ案件の今後
ビッグデータ案件は今後も増えていく傾向となっています。主な理由としては電子機器の普及、インターネットの成熟、SNSなどの個人が情報を拡散できる環境が挙げられます。今まではデータを保有するのも難しかったですが、技術の進歩により保有することが可能になってきました。保有している情報を上手に活用するために、多くの企業が注目することでしょう。
ビッグデータの技術を活かす
ビッグデータは主にPython言語の経験がある人を採用する傾向が強いです。Pythonには分析するのに適しているライブラリがあるためです。次に企業が求めているのがJava経験者です。システム開発案件の主流とも呼べるJavaは根強い人気があり、まだまだ現役として活躍できることでしょう。ビッグデータ案件を経験することにより、幅広い業界からの受注を受けることが可能になるでしょう。特にビッグデータは最近出てきたトレンドでもあるため、多くの企業が求めています。
ビッグデータ案件の単価
ビッグデータ案件の平均単価はおよそ70万円/月がメインとなります。経験やスキルにより上下することはありますが参考にするといいでしょう。また、中には100万円を超える単価も複数見られるため、キャリアやスキルがマッチすれば応募してみるといいでしょう。
  • TOP
  • > ビッグデータ の案件

検索キーワード:ビッグデータ

検索結果:0件

該当する求人はありません


  • 1