Illustrator案件について
Illustratorの相場

Illustratorの案件はWebデザイナーとしての案件となることが多く、案件の条件によって差はありますが、相場は約40万円~70万円程です。開発経験が多いほど単価も上昇する傾向にあります。

Illustratorの仕事内容

・ソーシャルゲームのWebデザイン
・Web上のバナー作成
・Webページのデザイン
・Webシステムの構築 など
主にUX/UI技術を用いたWebデザイン系の案件が多い傾向にあります。イラストを用いたWeb制作においてIllustratorの需要が非常に高いため、Webデザインの案件に携わりたい場合はIllustratorを扱う技術は必須であるといえます。

Illustrator関連の技術

Illutratorの技術が求められる案件では、その他の技術も多く求められる傾向にあります。以下にその技術について、ツールとプログラミング言語に分けて紹介します。

・ツール

Illustratorの技術と並行して求められるのは、Photoshopです。Illustratorがイラストの加工・編集を行うのに対し、Photoshopは写真の加工・編集と使い分けられます。この2つを用いてWebデザインを行うことが多いため、Webデザインに携わる際はほぼ用いることになるでしょう。また、ブログやWebサイトを簡易的に作成するWordPressを扱えると参画できる案件に幅が広がります。

・プログラミング言語

Webに関するプログラミング言語は、まずHTML/CSS、JavaScriptが挙げられます。フロントエンドで用いられる言語のため、Webデザインに直結する技術であるといえます。また、バックエンドで用いられる言語のPHPやJavaの知識もあるとより単価の高い案件に参画できる可能性が広がるでしょう。

  • TOP
  • > Illustrator の案件

検索キーワード:Illustrator

検索結果:1件
UI/UXデザイナー
■業務内容・UI/UXデザイン制作・グラフィック制作・その他デザイン制作■求められるスキル・Illustrator、Photoshopなどを用いた実務経験・ソーシャルゲームにおけるUIデザインの実務経験・Unityを使用したUIデザインの実務経験・画面デザインができる方



  • 1



Illustratorとは
Illustratorの概要

IllustratorはAdobe社が提供しているソフトウェアです。販売されて以来バージョンアップを繰り返しており、利用者のニーズが非常に高まっています。イラストの加工・編集機能に優れており、PCだけでなくタブレット端末でも使用でき、更にオフライン環境下でも利用できる利点が存在します。Web上のロゴやバナー、壁紙のデザインなどにはこのIllustratorがほとんど利用されています。

Illustratorの将来性

現在、WebデザインにおいてIllustratorを扱う技術は必須となっており、Webの見た目を構築する重要な役割を担っているため、今後も安定した需要があると推測されます。それに伴い、Web業界でのスキルアップを目指す場合はWebに則した言語、開発環境の構築技術などを習得していくと今後の将来性の安定に繋がるでしょう。

Illustratorの歴史

1987年 MacOSを対象にIllustrator 88(バージョン1.6)がリリース
1989年 Windows向けにIllustrator バージョン2.0がリリースされる
2003年 Illustrator CSをリリース
2012年 Illustrator CS6をリリース
2020年 Illustrator 2021をリリース