JavaScript案件について
JavaScript案件のフェーズ

JavaScriptは、ブラウザ上で動作するプログラミング言語です。ウェブサイトを構築する際、JavaScriptはサーバーサイド、フロントエンドを担えるので、活躍するシーンは多岐に渡ります。
例えば、ウェブサイトのお問い合わせフォームは、間違えた項目を入力して送信ボタンを押すとアラート文字列が表示されます。マウスで画面スクロールすると、突然ページの表示内容が変化する場合があります。これらの動作はJavaScriptが担っています。

JavaScriptが圧倒的に使われている理由

送信ボタンのクリックやマウス操作などのイベント実行によりJavaScriptはサイトページに動的な動きを加えますが、このような動作はサーバーサイド言語でも実現できます。しかしほとんどのウェブサイトはJavaScriptを採用しています。その理由はJavaScriptによるイベント処理は動作が早いからです。動作がとても早いのためユーザにストレスを与えない動作を実現します。

JavaScriptのトレンド

JavaScriptは世の中で最も使われているプログラミング言語と言われています。それも圧倒的に利用度が高いです。特にライブラリの登場でJavaScriptはどんどん使いやすくなっています。代表的なライブラリにはAngularやNode.jsがあります。AngularはGoogle社が開発したJavascriptライブラリで、多く使われているフレームワークです 。Node.jsはNode.jsはサーバ側で動作するJavaScriptライブラリです。

どのような人材が求められているか

それではこのような流れの中で、どのような人材がJavaScript界隈では求められているのでしょうか。最近の現場ではロジック処理やデータチェックなど本来はサーバーサイド側で行っていた処理もJavaScriptエンジニアが求められます。そのため、AngularやNode.js、react.jsなどライブラリの経験や仕様に応じて利用するライブラリを選択する能力も必要となります。
更にPHPのソースコードが読めれば企業からは歓迎されるでしょう。というのもサーバーサイド言語をPHP、フロント側の制御はJavaScriptで行う案件は多くあるため、PHPのソースコードを見る機会は頻繁に出てきます。その時、PHPプログラムが何をやっているか理解することが出来ればJavaScriptの設計や実装も正確かつ効率的に行うことが出来ます。

この分野の未来

画面側の制御を司るJavaScriptはウェブサイト表示に大きな影響を与えるため、JavaScriptエンジニアの需要は後を絶たないと予想されます。これからもウェブ市場の拡大が続けば、ますますJavaScriptエンジニアの需要は増え続けることでしょう。

  • TOP
  • > Javascript の案件

検索キーワード:Javascript

検索結果:4件
基本設計~/C#.net/SQL - 6日前に公開
■業務内容・社内業務システムデータ移行支援■言語・C#.NET(ASP.NETMVC)・javascript■求められるスキル・基本設計経験を有すること・SQL経験・データ移行の経験
金額:590,000円/月



WEB管理ハンディシステム - 10日前に公開
■業務内容・詳細設計~結合テスト■言語・ASP.NET/VB.NET(MVC)・SQLServer■求められるスキル・Web系、JavaScriptが得意な方・MVC経験者■年齢・40代まで
金額:510,000円/月



React/フロント開発  - 17日前に公開
■業務内容・建築系アプリ開発■言語・JavaScript■求められるスキル・フロントエンジニア業務経験3年相当・React.jsの開発経験1年相当・Redux、TypeScriptの開発経験・SVG.canvasを用いたWebグラフィックの実装経験・WebGL、three.jsなどを利用したWeb上の3Dコンテンツ開発■年齢・45歳まで■備考・外国籍不可・ビジネスカジュアル
金額:650,000円/月



フロント〜バックエンド 経験者≪WEB系業務システム≫ - 23日前に公開
■業務内容・中古車リースにおける業務システム開発■言語・JavaScript■求められるスキル・WEB系業務システム開発のキャリアが長い方(5年以上)・フロント/バックエンド両方のご経験をお持ちの方・上流から下流までの一貫したご経験◇尚良スキル:・Vue.js(Vuetify)開発経験(3年程度)■年齢・55歳まで■備考・外国籍不可
金額:700,000円/月



  • 1



JavaScriptとは
JavaScriptの概要

JavaScriptはかつて「Netscape Navigator」と呼ばれるブラウザに搭載されていたプログラミング言語で、当初は「Live Script」と呼ばれていました。名称は当時から人気だった「Java」からあやかり「JavaScript」に変更したと言われています。そのため「JavaScript」と「Java」は共通点はあるものの全くの別のプログラミング言語です。
名称が変更されてからIEを含めいくつかのブラウザに搭載されていたものの当時のJavaScriptは互換性に問題があり、各ブラウザで独自のカスタマイズされていました。しかし1997年に通信に関する標準を策定する国際団体EcmaインターナショナルによってJavaScriptの使用がECMAScriptとして標準化され、より多くのブラウザで利用出来るようになりました。
現在のJavaScriptもこのECMAScriptが基本ベースとなっており毎年のようにバージョンアップがされています。

JavaScriptの歴史

1995年 JavaScriptの誕生
1996年 IE3.0登場
1997年 JavaScriptの標準化のためECMAScriptが誕生
2005年 JavaScriptのAjax技術を利用したGoogleマップが誕生
2006年 jQueryなどのライブラリ開発がされる
2008年 GoogleChromeの誕生
2009年 Node.jsの誕生

JavaScriptに出来ること

・Webページの動作
・Webアプリ開発
・スマホアプリ開発
・ゲーム開発