Laravel案件について
Laravelエンジニアのフェーズ

PHPエンジニアの平均年収は約530万円です。これに対して、Laravelなどのモダンな領域の技術を扱うことができるエンジニアの年収は高くなる傾向があります。経験年数やその他のスキルにも関係しますが、年収1,000万を超える場合もあります。

Laravelの特徴

・PHPフレームワークのSymfonyを基に開発された
・MVCモデルを採用しているため、保守性や開発効率が高い
・アクティブレコード機能のEloquentやHTMLテンプレートエンジンなど、多くの機能を備えている
・ディレクトリ構成が自由に組めるように設計されている
・ファイルストレージ用のインターフェースが用意されており、容易にアップロード処理できる
・バージョンアップが頻繁に行われている
・学習コストが低い

Laravel案件の仕事内容

Laravel案件の主な仕事内容はWebシステムの開発であり、例としては下記のものが挙げられます。
・マッチングサービスの開発
・SaaS型業務システム開発
・顧客システムの開発
・流通管理システムの構築
・ゲームのサーバーサイド開発
Laravelの案件は受託開発だけでなく自社開発も多いという特徴があり、特にベンチャーやスタートアップ企業で採用される傾向が強いです。そのため案件によっては、テレワークをはじめとする多様な働き方を受け入れる企業もあります。

Laravel案件の相場

Laravel案件の相場は、60万/月から70万/月になります。実務経験の長さに応じて案件の単価も高くなる傾向があり、3年以上の経験があると70万/月以上の案件で活躍できるようになります。こういった単価の高い案件では、Laravelの最新バージョンを扱えるスキル、マネジメントスキル、フロントエンドのスキルなど、幅広いスキルが要求されます。

Laravelが採用される理由

Laravelが採用される理由としては、まずArtisanコマンドを使用して、簡単に各種設定や更新、Webアプリ開発ができることが挙げられます。例えば、タスク管理アプリやログインシステムなども、Artisanコマンドを使用することで素早く作成できます。
その他にも、SNS認証機能や決済システムの導入が容易であること、自由度が高くニーズに対して柔軟に応えることができるなどが、Laravelを採用する理由として挙げられます。

  • TOP
  • > Laravel の案件

検索キーワード:Laravel

検索結果:3件
PHP改修
■業務内容・証券会社システムのエンハンス開発・保守開発■言語・PHP、Javascript、HTML、CSS■求められるスキル・PHP(Laravel)環境で設計~結合テスト迄自走できる方・基本設計or詳細設計を0ベースから経験されている方・テスト設計の経験者
金額:700,000円/月



Web会議システムのリプレイスプロジェクト
■業務内容・クラウド型Web会議システムのリプレイスプロジェクト■言語・PHP■求められるスキル・PHPでの開発経験4年以上・要件定義や基本設計など、上流工程のご経験・Laravelでの開発経験・リプレイス案件の参画経験・動画や音声が絡むプロダクトの開発経験■年齢・45歳まで■備考・外国籍不可
金額:650,000円/月



Java、PHP要員募集
■業務内容・WEBサイト新機能開発■言語・Java,・Springboot・Kotlin・PHP・Laravel■求められるスキル上記言語いずれかの開発経験1年以上■備考・外国籍不可
金額:510,000円/月



  • 1



Laravelとは
Laravelの概要

Laravelは、Taylor Otwell 氏により2011年に開発された、オープンソースのPHPフレームワークです。セキュリティ性やメンテナンス性、拡張性に優れており、工程を簡素化して素早く機能を実装することができます。
主な特徴は、MVCモデルを採用している、ArtisanコマンドやComposerをはじめとする便利な機能が豊富にある、自由度が高い、学習コストが低いなどが挙げられます。特に学習コストについて、Laravelは世界的に人気のあるフレームワークであり、利用者も多いため、情報量が多く学習しやすいと言えます。

Laravelの将来性

Laravelの将来性は高いと言えます。その理由として、まずLaravelの利便性の高さが挙げられます。Laravelには多種多様な機能が用意されており、手軽にWebアプリを素早く開発できます。
また、Laravelの人気が世界的に急上昇していることも、将来性が高いといえる理由の1つです。Googleのトレンドでは、これまで日本国内で圧倒的なシェアを誇っていたCakePHPが減少傾向にある一方で、Laravelは増加傾向にあり、CakePHPを追い抜いています。また、世界的にCakePHPの利用者が減少しており、今後もLaravelはシェアを伸ばしていくことが予想できます。したがって、Laravel以上に便利なフレームワークが登場しない限り、Laravelの将来性は高いと言えます。