PHPの求人案件について
PHPの特徴

Linux、Apache、MySQL、PHPの構成でシステムが構築されることが多く、この形はLAMP環境と呼ばれています。ベンチャー企業などで採用されることも多く、新しい技術も積極的に取り入れる傾向があります。

PHPが採用されている業種/業界

PHPは基幹業務系が少なく、Webサイトで採用されていることが最も多いです。それ以外にはゲーム関係のプロジェクトで採用されることも多いです。以前に流行ったソーシャルゲームなどのほとんどはPHPで開発されていました。サーバーとの通信が発生するスマートフォン向けのゲームでも採用されており、スマートフォンからの大量のリクエストにも耐えることができます。

PHPで採用されているフレームワーク

PHPのフレームワークはLaravel、CakePHP、zend framework、Fuel、CodeIgniter、Symfonyなどがあります。その中ではCakePHPが採用されることが最も多く、最近はLaravelが採用されるケースもあります。

PHPの単価

案件の単価は50~70万円程度であることが多いです。経験が1~2年程度であれば30~50万円程。経験が3年であれば50万円前後、5年以上になると60万円以上になることが多いです。

PHP案件の今後

これまでに多くのプロジェクトで採用された実績があることから、PHPでできたシステムは多くあります。既存システムの機能追加やメンテナンスの案件は今後も発生し続ける可能性が高いです。新規でもPHPが採用されることが多いため、今後も長きにわたりPHPの案件は発生し続ける可能性は高いです。

PHPが採用される理由

PHPはレンタルサーバーなどでも標準で対応されていることが多く、開発に着手しやすいのが特徴です。これまでに多くの導入事例があることも採用される理由となっています。また、PHPのエンジニアは多くプロジェクト立ち上げる際にプロジェクトチームを作りやすいことも良い点です。仮に優れた言語でも技術者の母数が少なければプロジェクトチームが作りづらくなるので採用されない理由となることがあります。

PHP案件のフェーズ

開発・設計フェーズの案件が最も多いです。

  • TOP
  • > PHP の案件

検索キーワード:PHP

検索結果:5件
不動産会社向けWEBシステム開発の上流工程案件(PM/PMO)  - 3日前に公開
■業務内容・WEBシステム開発の上流工程案件■求められるスキル・webシステムにおける要件定義~基本設計の経験・PHPでの開発経験・ビジネス背景の理解まで踏み込める方・プログラマと円滑なコミュニケーションができる方
金額:740,000円/月



ゲームサーバー開発 - 12日前に公開
■業務内容・API設計書、プロトコル設計書、データベース定義書、試験項目書などの資料作成・管理ツール作成・管理ツール上からデータの閲覧、変更、その他操作ができるようにする■言語・PHP・C++・HTML■求められるスキル・サーバー開発経験者・プロジェクトリーダーと意思疎通を取ることが可能な人材・RDBMSを利用した開発経験・ゲームをしていて、ゲームによくある要素を理解している人材



新規サイト構築 - 14日前に公開
■業務内容・現行の物販システムや既存サイトをベースに構築■言語・PHP■求められるスキル・PHP技術者(5年程度のご経験)・LAMP環境での開発経験があること・Linux環境でWebシステムのリリース経験があること・PHPコーディングの生産性が高い方■年齢・40代まで■備考・外国籍不可
金額:560,000~600,000円/月



Web会議システムのリプレイスプロジェクト - 15日前に公開
■業務内容・クラウド型Web会議システムのリプレイスプロジェクト■言語・PHP■求められるスキル・PHPでの開発経験4年以上・要件定義や基本設計など、上流工程のご経験・Laravelでの開発経験・リプレイス案件の参画経験・動画や音声が絡むプロダクトの開発経験■年齢・45歳まで■備考・外国籍不可
金額:650,000円/月



Java、PHP要員募集 - 18日前に公開
■業務内容・WEBサイト新機能開発■言語・Java,・Springboot・Kotlin・PHP・Laravel■求められるスキル上記言語いずれかの開発経験1年以上■備考・外国籍不可
金額:510,000円/月



  • 1



PHPとは
PHPの概要

PHPは広く使われているオープンソースの汎用スクリプト言語です。PHPはWeb開発に適しており、HTMLに埋め込むことが出来ます。JavaScript同様、プログラムのコンパイルをする必要のないテキストベースのインタープリンター言語です。
テキストベースで構築できる手軽さがあり、簡単なテキストエディタがあれば誰でも書くことが出来ます。またサーバ負担も少なく実行が早いという利点もあります。

PHPの歴史

1994年にRasmus Lerdorfが自身のWebページの閲覧者を調べるためにC言語で書かれたCGIバイナリ群を作成し、「Personal Home Page Tools」と名付けました。「PHP Tools」と略されました。
その後、利用者からの機能追加の要望を受けてPHP Toolsは大きく書き直しがされ、データベースを利用することが出来るようになりました。それらを1995年にオープンソースソフトウェアとして最初のリリース行ったことが始まりとされています。
同年にRasmus Lerdorfは更にPHP Toolsを発展させて、現在にも引き継がれているPerl風の変数、HTMLフォームデータの自動取得、HTMLへの埋め込み型の記述方式などを持ち合わせたツール「FI(Form Interpreter)」を実装。翌月にはFIを完全に書き直し「Personal Home Page Construction Kit」という名前でリリースしC言語やPerlに近い構文を有する簡易型スクリプトツールへと発展しました。

PHPを利用して開発されたサービス

・WordPress
・Facebook
・Yahoo!