Photoshopの案件について
Photoshopのフェーズ

Webデザイナーが受注する案件の条件として、Photoshopの利用技術は求められる傾向が強く、Webデザインを行う際はほぼ必須の技術となっています。Web制作は世間的にも需要の高い領域であるため、案件数も安定して存在しているといえるでしょう。Photoshopの相場は条件によって大きく異なりますが、案件1つで約30万円~50万円ほどになっており、開発経験が長いほど案件の相場が高くなる傾向があります。

Photoshopの仕事内容

・Webページのデザイン・コーディング
・UIデザイナー関連の業務
・モバイルアプリのデザイン
・Webサイトの運用など
Photoshopを用いる案件としては、主にWebデザイナーとして仕事を担う案件に集中しています。そのためWebに関する知識も十分に習得しておく必要性があります。

Photoshop関連の技術

Photoshopのみを用いて行う案件は少ないため、案件を安定して受諾するためには他の技術も併用して習得する必要があります。その技術を他のソフトウェア、プログラミング言語と分けて紹介します。

・illustrator
主にイラストの作成に特化したソフトウェアになります。illustratorでWebページのイラスト・テキスト部分の編集を行い、Photoshopで写真の編集を行いWebデザインの構築を行います。Photoshopとillustratorの両方を使いこなすことがWebデザインにおいて欠かせない技術であるといえるでしょう。

・HTML・CSS
Webページの構築に関わるプログラミング言語となっており、Photoshopなどで編集した写真やイラストなどをWebページ上に配置する際に使用します。Web制作に携わるにはHTML・CSSの知識の習得は必須です。

・JavaScript
動的なWebページを作成する際に使用されるプログラミング言語となります。近年のWebページはこの動的な部分は常に求められる傾向があるので、習得しておくと案件の幅が非常に広がると予想されます。

  • TOP
  • > Photoshop の案件

検索キーワード:Photoshop

検索結果:0件

該当する求人はありません


  • 1



Photoshopとは
Photoshopの概要

正式名称はAdobe Photoshopで、主にWebデザインを行うためのソフトウェアになります。主に写真の編集や加工、補正などを行うことができ、イラストの編集や編集した写真をFacebookなどのSNSへ公開するなどの機能も備わっています。対応しているOSはMacとWindowsとなり、さらに近年iPadOSへ対応したため、iPadでの利用も可能になりました。操作方法などのチュートリアルも用意されているため初心者でも取り組みやすく、写真編集において非常に人気の高いソフトウェアです。料金は月額制で、料金によって受けることができるサービスにも違いが生じるため、自分の環境にあった料金プランを設定する必要があります。

Photoshopの将来性

Photoshopは主にWebデザインで用いられるため、Webデザイナー関連の職種の人にとってはillustrator同様欠かせないツールとなっています。Web制作の案件は安定した需要があるため、Photoshopの需要も比較的安定すると予想されます。ただしPhotoshopを用いることができる技術者が多数おり、案件の取り合いも懸念されます。安定して案件を受諾したり、技術を磨いて相場を高くするためにもWeb制作に関するツールやプログラミング言語を併用して習得し続けていくことが必要であるといえるでしょう。