Salesforce案件について
Salesforceエンジニアのフェーズ

Salesforceの案件の相場は60万/月から80万/月であり、中には100万/月以上の案件もあります。これは近年、社内システムをクラウド化するケースが多く、業種や職種を問わず使用できるSalesforceは既に多くの企業で導入されており、Salesforceエンジニアの需要が高まっていることが理由として挙げられます。

Salesforceエンジニアの仕事内容

・Salesforceの開発
・Salesforceの運用
・Salesforceの導入支援

Salesforceは業種や業務形態を関わらず多岐にわたる企業で採用されています。そのため、Salesforceの開発および運用では、企業が最適に活用できるようにカスタマイズすることが求められており、開発だけでなく企業の事業内容や業務フローなどを把握する必要があります。これは導入支援の仕事でも同様です。

必要な資格

セールスフォース・ドットコム社は独自で、ユーザーや開発者を対象としたSalesforce 認定資格を実施しています。Salesforceエンジニアとして仕事をする上で必須の資格ではありませんが、取得することで知識やスキルの習得ができ、クライアントに信頼されやすくなります。また、Salesforce 認定資格はグローバル基準で日本国外でも通用し、Salesforceのシェアは世界的に高いため、幅広く活躍する場合も有効な資格といえます。

Salesforce 認定資格は基本資格と上位資格に分かれており、基本資格を取得することで上位資格を受験することができます。資格は大きく分類すると、「CRM開発者/コンサルタント、開発者/アーキテクト、マーケター/コンサルタント」です。これら分類ごとに資格が用意されており、例えば、CRM開発者/コンサルタントの場合、Salesforce 製品を扱う方向けの資格や、SalesCloudソリューションのコンサルタント向けの資格、Salesforce CPQプラットフォームを使用する方向けの資格というように細分化されています。
Salesforce 認定資格では、定められた資格試験の組み合わせに合格すると「認定アプリケーションアーキテクト」や「認定システムアーキテクト」という称号が付与されます。これら両方の称号を取得すると「認定テクニカルアーキテクト」という称号が付与されます。

  • TOP
  • > Salesforce の案件

検索キーワード:Salesforce

検索結果:1件
システム要件調査、要件定義
■業務内容・顧客ヒアリングおよび要件定義書の作成新店舗物件関連の機能構築■求められるスキル・Salesforce・オブジェクト設計・カスタム開発(Apex、SOQLなど)・Visualforce開発経験・EXCELマクロ解析・解析から設計■備考人物・勤怠・健康面・コミュニケーションに問題無い方



  • 1



Salesforceとは
Salesforceの概要

Salesforceは、セールスフォース・ドットコム社が提供するクラウド型のビジネスアプリケーションです。代表的なサービスは顧客管理(CRM)や営業支援(SFA)が挙げられ、見込み顧客や商談管理などのさまざまな機能が提供されているため、利用者は個々のニーズに合わせて業務システムを構築できます。
また、セールスフォース・ドットコム社は、App Cloudという業務アプリケーションを開発するためのクラウドプラットフォームであるPaaS環境も提供しています。これを利用することで、より柔軟に利用者のニーズに合うものを構築できます。

Salesforceエンジニアの将来性

Salesforceエンジニアの将来性は高いと言えます。理由として、まずSalesforceの採用実績が多いことが挙げられ、企業規模を問わず世界で18万5000社以上、日本でも6000社以上の企業で採用されています。
次に、Salesforceはカスタマイズの柔軟性が高く、多様なニーズに対応できるという点も理由として挙げられます。Salesforceは、「force.com」というプラットフォーム上でApexなどを使用し企業の業務内容や業務フローに合わせてカスタマイズできるため、そういった開発スキルを習得しているエンジニアの需要は高いです。
Salesforceは低コストで新規導入のための敷居が低く、幅広い業種や業界で使用できます。その上、最適なカスタマイズを行うことで売上の増加も期待でき、今後も需要が伸びることが予想されるため、Salesforceエンジニアの需要も今後更に高まることが予想されます。