Scala案件について
Scalaエンジニアのフェーズ

Scalaエンジニアの年収中央値はGo言語と同じくらいの600万円と、他のプログラミング言語よりも高額となっています。この理由は、Scalaを扱うことができるエンジニアが少なく、ScalaがJVM上で動作可能などの有用性があるためです。また、Scalaやその他のスキルを磨き、上流工程の経験を積むことで年収1000万円以上を実現することもできます。

Scalaの特徴

・静的型付け言語である
・JVM上で動作する
・Javaとの互換性が高い
・Javaの多くのライブラリが使用できる
・オブジェクト指向型と関数型をハイブリッドした言語である
・コード量が少なくシンプルな記述ができ、可読性高い
・リファクタリングしやすい

Scala案件の仕事内容

・Webサービス開発
・Webアプリ開発
・スマホアプリ開発
・業務システム開発
ScalaはJVM上で動作でき、Javaのライブラリを簡単に呼び出すことができるため、幅広い仕事に対応できます。開発規模は、少人数で行うような小規模開発が多い傾向にありますが、チームで参画する大規模なシステム開発業務に携わることもあります。また、要件定義や設計などの上流工程から携わる案件も多くあるため、そういった経験があると幅広く活躍することができます。

Scala案件の相場

Scalaの案件の相場は60万/月から80万/月です。スキルや経験などにより、活躍できる案件の幅は広がり、90万/月を超える場合もあります。こういった高額の案件で活躍する上で要求されるスキルの例は、以下のとおりです
・PlayFramework、Finagleなどのフレームワークの使用経験
・AWSやGCPなどのクラウド開発の経験
・Java、Python、RubyといったScala以外のプログラミング言語による開発経験
・MySQLやApacheなどのミドルウェアに関するスキル

Scalaが採用される理由

・静的型付け言語で保守性とパフォーマンスに優れる
・非同期・並行・分散処理が比較的容易に実現できる
・JVM上で動作できる
・膨大なJavaの資産を利用できる

  • TOP
  • > Scala の案件

検索キーワード:Scala

検索結果:0件

該当する求人はありません


  • 1



Scalaとは
Scalaの概要

Scalaは、2003年にスイス連邦工科大学ローザンヌ校のMartin Odersky教授により開発されたプログラミング言語です。主な特徴としては、オブジェクト指向型と関数型の2つの性質をもつ、JVM上で動作するためJavaとの互換性が高い、静的型付け言語である、などが挙げられます。
ScalaはWebサイトやWebアプリ、スマホアプリなどの開発で使用されており、TwitterやLinkedin、Chatworkといったサービスでも利用されています。

Scalaの将来性

他のプログラミング言語と比較すると、日本国内におけるScalaの案件は少ないですが、Scalaの利点を考慮すると今後の普及が期待できます。その利点として、まずJavaとの高い互換性が挙げられます。JVM上で動作するScalaは、Javaのほとんどのライブラリを利用できる一方で、JavaからもScalaのライブラリを参照することができます。
次の利点は、オブジェクト指向型と関数型の2つの性質をもつという点です。仕様の変更に柔軟にできるというオブジェクト指向型の特徴と、シンプルな記述でコード量が少なく開発スピードと保守性に優れるという関数型の特徴を兼ね備えています。
また、Webサービスやアプリ開発だけでなくゲーム開発、データ分析など幅広く利用できることも利点の1つといえます。Scalaは、Javaの後継と期待されており、PHPなどの他のプログラミング言語からScalaへ移行するケースも増えてきています。
しかし、Scalaにもネガティブ要素があります。それは、オブジェクト指向型と関数型の2つの概念を理解する必要があるため、学習コストが高いという点です。これは、Scalaの習得のハードルを上げ普及を進みにくくする要因の1つになり得ます。しかし、これ以外のネガティブ要素はあまりなく、現状ではScalaを利用できるエンジニアが不足し需要が増え、Scalaエンジニアの年収が高額となっています。また、Twitterをはじめ、広く認知されるサービスでも利用されていることから、Scalaの将来性は高いと言えます。