Swift案件について
Swift案件のフェーズ

Swiftは、MacOSとiOSで動作するネイティブアプリの開発を行うためのプログラミング言語です。そのため、BtoC向けのiOSアプリの設計・開発の案件が比較的多いです。

Swiftの特徴

・Objective-Cの最大2.6倍、Python2.7の最大8.4倍の処理速度を発揮するほど高速である。
・安定性が高く、不具合が起こりにくい。
・Playgroundの使用によって、リアルタイムで記述したプログラムの動作確認ができる。
・Objective-Cと互換性があり、Objective-CとSwiftの異なる言語のコードであっても混在できる。
・可読性が高く、学習コストが低い。
・iOSアプリ、Macアプリ、Apple Watchアプリ、Apple TVアプリ、Webアプリケーションの開発ができる。

Swift案件の相場

Swiftの相場は、60万から70万程度です。実務経験やその他のスキルによって、90万を超える場合もあります。

Swiftが採用される理由

Objective-Cの扱いづらさを解決するために、開発された言語がSwiftです。また、Playgroundを使用することでリアルタイムでの動作確認やデバッグが可能となり、効率的な開発ができます。その一方で、日本でのiPhoneシェア率は2020年時点でも高く、アプリ開発ではiPhoneユーザーを無視できません。
以上の理由から、アプリ開発の案件には、AndroidだけでなくiOSアプリの開発も行われる場合が多く、開発効率が高い上にObjective-Cとの互換性がある、Swiftが採用されています。

Swift案件の今後

Swiftは、Objective-Cと比較すると高速で可読性が高い言語です。そのため、iOSアプリ開発で使用する言語は、今後もObjective-CからSwiftに移行していくことが予想されます。また、年々Webアプリケーションやサーバーサイドの開発まで適用できる範囲が拡大しています。
その一方で、iPhoneのシェア率は依然として高く、その他のApple製品も世界的に広く普及しており、今後のxRなどの技術の発展で更なる需要が見込まれるため、Swift案件はこの先も増加していくことが予想されます。

  • TOP
  • > Swift の案件

検索キーワード:Swift

検索結果:5件
スマホアプリ開発 - 27日前に公開
■業務内容・スマホアプリ開発■言語・Java・Swift■求められるスキル・ネイティブアプリ開発業務経験・プロジェクト推進の経験・レビューの経験■年齢・40代まで■備考・外国籍不可
金額:740,000円/月



アプリ開発ディレクター
■業務内容・事業側企画のWEBディレクター業務■言語・swift、kotlin■求められるスキル・スマホアプリ開発のディレクション経験・WEB制作のディレクション経験・Swift、Kotlinなどの開発言語、ライブラリの知見・Xcode、AndroidStudioなど開発ツールに触れたことがある方・Webview、html、css、JavaScriptへの知見■年齢・50歳まで■備考・外国籍不可



ネイティブアプリ/システム開発のPM募集
■業務内容・顧客アプリ開発のプロジェクトマネージャーまたはプリセールス■言語・Java、PHP、Node.js、swift、kotlin■求められるスキル<必須>・スマートフォン向けネイティブアプリ(iOS/Android)の開発、導入、運営などに関する総合実務経験3年以上・ネイティブアプリの開発、導入経験2年以上・システム開発におけるPM経験3年以上・顧客コミュニケーション経験■年齢・50代まで■備考・外国籍不可
金額:740,000円/月



【Objective-C】iOSアプリケーション開発
■業務内容・iOSアプリケーション開発■言語・ObjectiveC・Swift■求められるスキル・1年以上のObjectiveCおよびSwiftを利用したiOSでの開発・運用経験・システム要件定義、基本設計、製造、テストなどのモバイル開発サイクルの開発実務経験・Gitなどのバージョン管理ツールの利用経験・Unitテスト、UIテストの経験・英語(ビジネスレベル)■年齢・40代まで
金額:740,000円/月



Swift/iOS 検索アプリ
■業務内容・SwiftでのiPhoneアプリ開発■言語・Swift■求められるスキル【必要スキル】・Swiftを用いたiOSアプリの新規開発・リリース経験・パフォーマンスを意識した開発・OS、言語、ライブラリ、IDE等のアップデートへの迅速な対応ができる方・テストを書く習慣がある方【尚可スキル】・フロントエンドの設計・開発の経験・バックエンドのAPIの設計・開発の経験・パブリッククラウド(GCP、AWS)、Kubernetesにおける運用経験
金額:700,000円/月



  • 1



Swiftとは
Swiftの概要

Swiftは、2014年にApple社が発表し、2015年にオープンソース化された、Apple製品向けのアプリを開発できるプログラミング言語です。例えば、iOS7以降もしくはOS X version10.9以降のOSを搭載しているデバイス、Apple TV、Apple Watchなどのアプリ開発に使用することができます。
特徴としては、モダンな言語であり、コードがシンプルで書きやすく可読性に優れるという点が挙げられます。その他にも、高速な処理速度や不具合が起こりにくく安定性が高い、リアルタイムのプログラムの動作確認ができるという特徴があります。

Swiftの歴史

・2010年からChris Lattnerによって開発が始められる。このとき、Objective-CやPython、Rubyを含める多くの言語を参考にした。
・2014年、開発者向けイベントWWDCで発表される。
・2015年、オープンソース化される。
以下では、Swiftのバージョン3.0以降の主な変遷をXcodeと合わせて紹介します。
・2016年9月13日、Swift 3.0(Xcode 8.0)がリリース。
・2017年9月19日、Swift 4.0(Xcode 9.0)がリリース。
・2018年9月17日、Swift 4.2(Xcode 10.0)がリリース。
・2019年3月25日、Swift 5.0(Xcode 10.2)がリリース。
・2020年9月16日、Swift 5.3(Xcode 12.0)がリリース。