iPhone案件について
iPhoneのフェーズ

iPhoneのOSであるiOSに向けたアプリケーションは、近年のスマートフォン普及による影響により非常に需要が高くなっています。またiPhone以外のApple社製品の人気も高く、利用者が多いことから今後もiPhone向けのアプリケーションの開発案件が増加することが予想されます。

iPhoneの相場

iPhone向けの開発案件は、条件によって大きく異なりますが約40万円~90万円ほどが相場となっています。開発経験が長いほど単価も高くなっています。一般的な開発案件と比較してみても単価が高い傾向があります。

iPhoneに関する仕事内容

・Webアプリケーションの開発
・iPhone向けのアプリケーションの開発
・ソーシャルゲーム開発
・管理システムアプリケーションの開発
主にiPhone向けのアプリケーション開発案件に集中しています。教育・SNS・医療・趣味系のアプリケーションなど、様々な分野の案件が存在します。iPhone関連の案件に携わる際、iPhone向けという特性上iOSに関する知識が必須となります。

iPhone関連に必要な技術

iPhone向けのアプリケーション開発においては、開発環境を整える技術と実際のプログラミング技術が必要です、以下にその技術について紹介します。

・開発環境

iPhone向けのアプリケーション開発にはXcodeと呼ばれる開発環境が重宝されています。iPhoneだけでなくApple社の製品であれば対応可能なため、その分野の開発を進める際は知識を得ておくべき開発環境であるといえます。ただしXcodeに対応しているOSはMacとなるので、その媒体がないと開発できないことには注意が必要です。

・プログラミング言語

iPhone向けのアプリケーション開発にてよく用いられている言語はSwiftとなります。特に上述したXcodeはSwiftを用いて開発を行うため習得が必要となります。また、Webアプリケーションに携わる際は、他の言語としてJavaやJavaScript、C#などのWeb開発に強い言語技術を求められる場合もあります。

  • TOP
  • > iPhone の案件

検索キーワード:iPhone

検索結果:0件

該当する求人はありません


  • 1



iPhoneとは
iPhoneの概要

iPhoneはApple社が開発したスマートフォンになります。Apple社が発売していた音楽デバイスのiPodと携帯電話の機能を備えたものが起源となっています。Apple社が開発したOSであるiOSを搭載しており、機能の拡張に伴う新製品が今も尚、発売されています。タッチパネル操作を採用しているため、シンプルな操作が可能で、アプリケーションの利用を円滑に行うことができます。新しいiPhoneに買い替える時や他のApple社の製品を用いる際でも操作がほぼ同じなため、利用環境が変わっても利用しやすく、長期間Apple社系列の製品を使えることが利点です。また、セキュリティ性が高くアプリケーションの審査基準が高いため、iPhoneで利用できるアプリケーションの安全性が高いことも利点の1つとなります。スマートフォンとして有名なAndroidと双璧を成すほどの人気が日本では高く、今後も人気と進化が注目される媒体であるといえます。

iPhoneの歴史

2007年 初代モデルiPhoneが発売される
2008年 3G通信に対応したiPhone 3Gが発売される
2010年 iPhoneの小型化やカメラ機能を搭載したiPhone 4が発売される
2017年 従来備わっていたホームボタンを廃止し、一面ディスプレイ化したiPhone Xが発売される
2020年 5G通信に対応したiPhone 12が発売される