検索キーワード:Perl

検索結果:191件

該当する求人はありません


< Prev 5 6 7 8 9


Perl案件について
特徴
PerlとはWebアプリケーションを作るためのプログラミング言語として使われることが多くなっています。Web上のサービスは、入力があって出力があるため、sed、awk、シェルスクリプトなどの利点を多く取り込んだPerlはCGIなどを構築するのにもよく使われます。
案件の動向
Perlは正直言って、それほど大規模な案件には使われません。やはりある程度の規模感のあるシステムになると、JavaやRuby on Railsを使っての開発が主流になり、細かいサービスをPerlで実装、という流れが多いものと予想されます。Perlはスクリプト言語ではありませんが、非常に使いやすく実装しやすいため、とても人気です。
歴史
Perlの歴史は非常に古く、1987年に最初のバージョンがリリースされました。つまり30年前からある言語なのです。そのPerlに注目が集まったのが2000年頃のITバブルです。2000年頃は、インターネットの黎明期で、多くの企業がホームページを作ることに乗り出しました。その頃は、まだ企業にそれぞれ掲示板があり、ユーザーと企業が牧歌的なやり取りをしていたのです。その頃使われていたのがPerlによる掲示板です。
どのような人が求められているか
Perlというプログラミング言語が書けるだけでは片手落ちではないでしょうか。サーバーサイドの技術、クラウドの知識、データベースを堅牢にするためのノウハウなど、必要とされる知識は多岐にわたります。たとえ今、実力がなくとも、貪欲に知識を吸収していくような人材が求められていることは確かです。
技術が用いられる理由
Perlは何より「枯れた」技術だからこそ、求められます。安定性があり、プログラミング言語そのものに欠陥が少なく、初心者でもとっつきやすいという側面があります。Rubyと似ていますが、RubyはPerlの“クセ“を改善し、さらにオブジェクト指向化したものです。Rubyを学ぶかPerlを学ぶか、非常に悩むところだとは思いますが、どちらも知識は相互補完され得るものです。
単価
サーバーサイド設計・実装の案件で月70万円前後となっております。開発はPerlなので、レガシーシステムでの実装経験が必要です。
今後
Perlは今後も使われていくことだろうと思います。そもそも、新しい言語がでても、それは以前の言語の弱点をカバーし、強みを補強したものである可能性が高いので、いつでも勉強して乗り換えることは可能です。エンジニアの未来は希望に満ちています。