支援対象地域:札幌、仙台、関東、愛知、関西、広島、福岡


公開日:2020-09-11

あなたはレバテックというサービスをご存知でしょうか?今回は、このレバテックの中でもフリーランスに特化した「レバテックフリーランス」にスポットを当てて、徹底解説していきます。

レバテックはどんなサービスなのか?

レバテックとは、東京都渋谷区のヒカリエに本社を置く、レバレジーズという企業が行っている人材関連の総合サービスになります。レバテックの中には「レバテッククリエイター」「レバテックキャリア」など、様々な人材関連サービスがありますが、今回はその中でも最も基幹的なサービスの「レバテックフリーランス」についてご紹介いたします。

レバテックフリーランスとは、フリーランスの為の転職エージェントサービスで、登録している企業の案件の中から、あなたのスキルに相応しい案件を紹介してくれます。わざわざ一件一件営業活動をせずとも、レバテックフリーランスが受注した案件を受けていくことが出来ます。独立したてで仕事が無いフリーエンジニアにはピッタリのサービスだと言えるでしょう。

レバテックフリーランスにはどんな人が登録するのか?

レバテックフリーランスに登録する人はどういった人が多いのでしょうか?簡単にご紹介していきます。

①20代~30代のフリーランスエンジニア

レバテックフリーランスに登録している年代は、圧倒的に20代~30代のフリーランスエンジニアが多いです。40代、50代のエンジニアも多く登録してはいますが、20代~30代の数には及びません。20代~30代のエンジニアは、実際にIT企業での実務を何年かこなして、独立しようと考える人が多いです。しかし、人脈はそこまで豊かではないので、レバテックフリーランスが使いやすいのでしょう。

②Java、PHPを扱えるエンジニア

レバテックフリーランスにエンジニアとして登録している人の多くは、「Java」や「PHP」を得意とする人材が多いのも特徴です。JavaやPHPは未だに世の中で多く採用され続けているプログラミング言語です。JavaやPHPを扱えなければ、多くの案件を受注することが難しいのが現状のため、JavaやPHPが得意な人が多いのも納得です。

しかし、これから先IT業界はますますAI開発に注力していくはずなので、それらの言語だけではなく、Pythonなどの別のプログラム言語にも対応できる人材が求められてくることでしょう。IT業界は日々進化し続けているので、フリーランスエンジニアとしてきちんと仕事を得ようと思えば、日々自己研鑽していくことが求められます。

③女性のフリーランスエンジニアも登録が増加傾向

レバテックフリーランスでは、ここ近年女性のフリーランスエンジニアの登録も増えてきています。様々な社会環境の変化の中で、フリーランスエンジニアになる女性も多く、この傾向は今後もますます強まっていくでしょう。

レバテックフリーランスに登録するメリット、デメリット

レバテックフリーランスに登録することのメリットやデメリットをご紹介していきます。

①登録するメリット

レバテックフリーランスに登録するメリットはこういったことが挙げられます。

・紹介してもらえる案件の単価が高い
・担当カウンセラーの質が高い
・自分がやりたい事業・会社に案件がないか聞いてくれる
・正社員として企業に勤めている人にでも案件を紹介してくれる
・福利厚生パッケージの「レバテックケア」が使える

この辺りがメリットといえます。順に解説していきましょう。レバテックフリーランスにある案件は、非常に高単価な案件が多いのが特徴です。案件の相場は人月70万円~80万円程度で、最高単価は「161万円」というのが、レバテックフリーランスの謳い文句となっています。月収が100万超えになるエンジニアもいて、年収1,000万円を狙う事も十分可能でしょう。

レバテックフリーランスでカウンセリングしてくれるカウンセラーは、非常に専門的な知識が豊富です。エンジニアがどのような仕事を探しているのかを、具体的に掘り下げて聞いてくれるので、コミュニケーションの相違が起こりにくいです。中には一般に公表していない非公開案件も多く、フリーランスエンジニアに相応しいと思った案件を、カウンセラーが直接紹介してくれます。

レバテックフリーランスでは、現在紹介している案件の中に、エンジニアが好みとする案件が無かった場合、要望する企業に直接問い合わせしてくれます。もし自分で営業をするのであれば、名刺一つの飛び込みで行わなければいけないので、このサービスは非常に心強いです。また、企業側も「非公開案件」を持っている可能性も高いので、レバテックフリーランスのカウンセラーに気軽に相談してみることがおすすめです。大きなメリットの一つになります。

レバテックフリーランスでは、今現在正社員として企業に勤めている方にも別の企業の案件を紹介をしてくれます。つまり、転職活動を行いながら、どのような案件があるのか知ることが出来るので、フリーランスとして独立する前のエンジニアにとって大きなメリットとなるでしょう。

レバテックフリーランスに登録すると、「レバテックケア」というレバテックが提供する、福利厚生パッケージを受けることが出来ます。内容の一例は「高収入が途切れない案件サポート」「有名クラウド会計ソフトの利用料が2か月無料」「がん検診が5,000円OFFで受けられる」「食事代が最大55%OFFになるグルメ優待がある」「全国3,300か所の様々なスポーツジムを1回745円で都度利用できる」「食事つき懇親会(レバテック感謝祭)に無料で参加できる」など、様々な福利厚生パッケージです。基本的に一般のフリーランスには福利厚生はありませんので、大きなメリットの一つになります。

②登録するデメリット

レバテックフリーランスに登録する、デメリットはこういった物があります。

・週2日や週3日のフリーランス案件が少ない
・手数料を取られてしまう
・在宅でできる案件が少ない

この辺りが、レバテックフリーランスに登録するデメリットです。こちらも順に見ていきます。レバテックフリーランスで扱う案件の多くは、「週5~週6」の稼働案件ばかりです。もしあなたが「週3」程度しか稼働できないと考えているのであれば、レバテックフリーランスにある案件から選ぶことは難しいでしょう。

レバテックフリーランスに登録し、案件のあっせんを受けると手数料が発生します。10%の手数料ですが、もし自分で営業し案件を受注していれば、手数料は発生しない為、多少不利になるでしょう。ただ、通常の仲介業者であれば、「手数料20%」なども多いため、レバテックフリーランスはかなり低い方だとは言えます。

レバテックフリーランスで扱う案件の多くは、実際にオフィスに出社して行わなければいけない案件ばかりです。完全に在宅で作業を進めたいと考えているフリーランスの方には少し抵抗があるでしょう。ただ、現在コロナ禍の影響もあり、リモートでも対応できる案件は少しずつ増えてきています。

レバテックフリーランスの評判は?

レバテックフリーランスの評判についてご紹介していきます。実際の評判はどうなのでしょうか?いい評判から悪い評判まで見ていきましょう。

いい評判①カウンセラーの質が高い

レバテックフリーランスの評判でよく聞かれるのが「カウンセラーの質が高い」ということです。特にIT業界に精通したカウンセラーが常駐し、各エンジニアに合った案件を紹介してくれます。案件受注時も担当のカウンセラーが、常に相談に乗ってくれるため手厚いサポート体制だと言えるでしょう。

「月に1度ランチを一緒に食べ、悩みを聞いてくれたり」「契約更新などの忘れてしまいがちな業務もお願い出来たり」などの様々なケアをしてくれる質の高いカウンセラーが常駐してくれるのは魅力的です。

悪い評判②実務未経験者は案件が殆ど無い

レバテックフリーランスの評判で更によく聞かれるのは、「未経験だけど登録したら全く案件が無かった」ということです。これは仕方がありませんが、IT業界未経験であれば、レバテックフリーランスで紹介出来る案件はありません。出来れば、一度IT業界で実務を3年程度経験してみて、それからフリーランスエンジニアとして独立を考える方がいいでしょう。実務経験が全くないという事は、どこの業界に行っても同じように言われてしまうため、ある程度は仕方がありません。

悪い評判③東京、大阪、福岡以外の地域の案件が少ない

レバテックフリーランスで紹介される案件のほとんどは、「東京」「大阪」「福岡」の案件です。都市部にお住まいの方は簡単に案件を受注することが出来るでしょうが、地方にお住まいの方が案件を得ることは、レバテックフリーランスでは難しいでしょう。

地方にお住まいの方は、フリーランスエンジニア向けの転職エージェントは他にも沢山あるので、何社か登録をしてみられるのがいいでしょう。ただし、前述したように、東京、大阪、福岡、の企業でも「リモートワークに対応できる企業」は徐々にですが確実に増えつつあります。全くオフィスに行かないことは難しいかもしれませんが、リモートワークをメインに稼働できる案件も探せばあるでしょう。

まとめ

というわけで、今回はフリーランスエンジニア向けの人材関連の総合サービスである「レバテックフリーランス」について、概要や評判、メリット、デメリットなどを具体的に解説してきました。会社員を辞め、フリーランスとして独立することは非常に勇気のいる事です。しかし、レバテックフリーランスのような人材支援サービスがあれば、気軽に会社員を辞めるきっかけにもなるのではないでしょうか?そのためにも、日々自己研鑽を重ね、より自分のスキルを高める努力をしておきましょう。