支援対象地域:札幌、仙台、関東、愛知、関西、広島、福岡


公開日:2020-09-07

アプリ開発とは

アプリ開発をするために、これからプログラミング学習をはじめようと考えている方も多いのではないでしょうか?アプリ開発といっても様々なアプリや、扱うプログラミング言語も様々なので、これからアプリ開発をしようと考えている方は、事前にアプリ開発の概要について知る必要があります。そこで本記事では、アプリ開発の基礎知識や必要なスキル、勉強法まで解説していきます。アプリ開発に必要なスキル、アプリ開発を学ぶための勉強法、これからアプリ開発をしようと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください

未経験でもアプリ開発は可能なのか?

これからアプリ開発にチャレンジしてみようと思う方は、未経験でもアプリ開発は可能なのかと疑問に思われるのではないでしょうか?結論から言うと、どんなプロダクトを開発するかにもよりますが、未経験でもアプリ開発をすることは可能です。多くの方が使用するようなアプリや、複雑な機能のアプリを開発するには未経験だと厳しいですが、メモアプリ、動作が単純なゲームアプリ、SNS風アプリなど、プログラミングスクールでもオリジナルアプリの開発がカリキュラムの組み込まれている場合が多いため、しっかりと基礎的なプログラミング言語を学べば十分開発可能です。またフレームワーク(Ruby on RailsやLaravel)と呼ばれるアプリ開発に特化したフレームワークを使用すれば、簡単なアプリを開発が可能です。

アプリ開発のメリット

自分自身にとってのアプリ開発のメリットを見ていきましょう。

スキルが身につく

アプリ開発をすることで、プログラミングスキルはもちろん、アプリ開発に必要な周辺のスキルを身につけることも可能です。アプリ開発に必要な周辺知識は、インフラ関連(サーバー、データベースなど)、デザインスキル(UI/UX)、自己解決スキル(仮説と検証)、フレームワーク、特に自己解決スキルは、実践を通じて身につくスキルなので、アプリ開発を通じて身につけることができます。また、アプリ開発をした後に本格的に運用するとなると、マーケティングや企画力、運用・保守的なスキルも必要なので、エンジニアとして総合的なスキルが身につきます。

実績につながる

自身でアプリ開発をすると実績につながるので、エンジニア転職が有利になったり、フリーランスとして活動する際に実績として証明できます。エンジニア転職するときに、求人サイトから仕事を探す場合が多いですが、求人サイトの応募条件を確認しても、「PHPでWebアプリ開発経験あり」、「Swiftでスマホアプリ開発経験あり」などの条件が掲示されている場合が多いです。その時に、自分で作ったアプリを実績として掲示できるので、転職活動もスムーズに行うことができるでしょう。また、フリーランスエンジニアとして活動するときには、実績は欠かせないので、いくつかプロダクトを作成して、いつでも実績として見せれる状態にしておきましょう。

ポートフォリオとして公開できる

ポートフォリオはその人のスキルレベルや、どんなものが作れるかを知ることができる指標になるので、エンジニア転職するときや、フリーランスの営業の時に利用できます。アプリ開発をしたら、そのままインターネット上に公開するか、GitHubを利用してソースコードをアップロードします。インターネットに公開することで、不特定多数の方に見せられることができ、GitHubで公開することで、エンジニアに見せるときに効果的です。ポートフォリオはエンジニアとして仕事していく上で、履歴書のようなもののため、アプリ開発を通じて作成するようにしましょう。

スマホアプリ開発に必要なスキル

スマホアプリ開発を行う上で、最初の悩みが、iosアプリとAndroidアプリのどちらの開発を行うかということです。それぞれ必要なスキルが全く異なるため、今後の需要なども見極めた上でどちらを選択すればいいのか選ぶ必要があります。

iosアプリ開発に必要なスキル

Swift

Swiftは、iosアプリ開発の公式プログラミング言語で、Apple製品のアプリならば、すべて開発することができ、記述がシンプルで扱いやすく、初心者の方でも学びやすいのも特徴です。

Xcode

Xcodeは、Apple社が開発している無料のアプリ開発ツールです。これを使いこなせることはiosアプリ開発における必須スキルであり、こちらも初心者でも扱いやすく設計されており、このツールで開発したアプリのテストなども行うことができます。

UIkit

UIkitはiosアプリを構築するために必要なクラスを提供するCSSフレームワークです。必須のスキルというわけではないですが、使いこなせるとよりよい質の高いアプリを開発できるので、できれば習得しておきたいものですね。

Androidアプリ開発に必要なスキル

Java

JavaはGoogle3大言語の一つでGoogleのシステム開発において活躍している言語です。Androidアプリ開発のほとんどはJavaを使用して作られていました。様々な開発を行うことができますが、若干難しい言語であるため、はじめて学習するには苦労する可能性があります。

Kotlin

Kotlinは、Androidアプリ開発の公式言語に新しく選ばれたプログラミング言語です。今までは、Androidアプリ開発はJavaが中心でしたが、2017年にGoogleが公式にAndroid公式開発言語に認定したことで一気に認知されました。

Android Studio

Android StudioはGoogleが提供するAndroidアプリの公式開発ツールです。開発現場では基本的にこのツールを使って開発を進めるので、習得必須といえます。

スマホアプリ開発スキルを習得するための勉強法

次に、ここまでご紹介してきたスマホアプリ開発スキルの勉強法を3つご紹介します。

無料サイトを使う

独学で最もおススメなのが、無料学習サイトを使うという方法です。動画を見ながら、勉強できるサイト、スライド形式で設問を解きながらゲーム感覚で勉強できるサイトなど、無料とは思えないクオリティなサイトができています。

学習書籍を使う

学習本を使って勉強するメリットは、インターネット・好きな場所で学習できることです。そして、読むだけでなく、実際に手を動かしながらやる方が身につきます。

プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールは、決して安くはない料金が必要になりますが、アプリ開発スキルを効率よく学習することができ、転職・就職などサポートまでしてくれる所もあります。お金と時間に余裕があるならば、プログラミングスクールに通うのも、一つの手段でしょう。ちなみに、私はプログラミングスクールに3か月程Javaを習っていました。

最後に

未経験であり、プログラミング初心者が、アプリ開発ができるのか、アプリ開発ができるために必要なスキルについて解説しました。アプリ開発は未経験でも可能であり、就職・転職・フリーランスの時に有利になり、実績も残せます。ぜひ本記事を参考にアプリ開発にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。