支援対象地域:札幌、仙台、関東、愛知、関西、広島、福岡


はじめに

ITパスポートは、経済産業省が管轄している国家資格なので取得を目指している人もいるでしょう。インターネットテクノロジーが発達した現代では、日常的にパソコンやスマホを使う人が多くなりました。ITが身近となった社会で、ITパスポートという資格はどのような価値があるのでしょうか。この記事ではITパスポートは転職に有利になるのかについて解説します。

ITパスポートは転職に有利になるのか

転職する際は、転職する業界で活かせる資格を持っていれば評価されます。ではITパスポートは転職の際に有利になる資格なのでしょうか。それはエンジニアとして転職するのか、事務系や企画系の仕事に転職するのかなど転職先によって違いがあります。また、IT関係の仕事だけではなくどの業界でもITに関する知識は欠かせません。そのため、ITパスポートは基本的なパソコンのスキルがあるという証明になる資格ということで注目されています。

ITパスポートを取得するメリット

ITパスポートはITに関する基礎の知識だけではなく、経営戦略や会計などIT業界以外でも使える知識を習得できます。社会人であれば身につけておきたい知識を学べるので、その後のステップアップにも役立つ資格です。

ITに関する基礎的な知識が身に付く

ITパスポートは情報セキュリティやビジネスマネジメントなど、ITに関する基礎的な知識を学べます。情報処理分野の問題が広く浅く出題されるので、IT関係の入門的な資格です。ITの常識と言える内容なのでITパスポートを取得しても給与アップに繋がるような資格ではありませんが、正しい基礎知識を身につけることができます。

様々な部署で活用できる

ITパスポートは経営戦略や情報管理、情報技術など幅広い知識を体系的に身につけることができます。そのため、IT業界だけではなく様々な部署で役に立つ内容です。パソコンなどのITを使わない仕事はかなり少なくなっています。ITパスポートは入社したら研修期間中に取得を義務付ける企業や、取得することを推奨している企業が多くあります。ITパスポートを取得していることで幅広い知識を習得している証明になるでしょう。

ITパスポートの難易度

ITパスポートの難易度はそれほど高くありません。過去1年の合格率は50%前後で2人に1人の割合で合格しています。普段からITに慣れ親しんでいる人であれば独学でも合格することが可能で、ITパスポート試験の公式サイトから過去問をダウンロードして学習することができます。勉強時間の目安としてITの勉強をしたことがない人なら30〜50時間程度で、ITの勉強をしたことがある人は20時間程度です。勉強方法は参考書で用語や知識を身につけてから、過去問に慣れて解法パターンを覚えるというやり方がおすすめです。

ITパスポートの評価

ITパスポートは、IT関係の資格の中でレベル1の部類にあたる資格です。そのため、ITパスポートの資格を持っている人は「IT社会で生きていく上で当たり前の知識を身につけている」という評価をされることが多いです。ビジネスマナーのような位置付けで、社会人として最低限の常識を身につけていると認められるでしょう。ただし、ITパスポートを取得しても給与がアップしたり、待遇が改善したりすることは少ないです。国家資格ではありますが、幅広い分野の基礎的な知識を問われる資格なのでハイレベルな資格とは言えません。では、ITパスポートの資格を取得することに意味はないのでしょうか。ITパスポートの勉強をして資格を取得することは、ITに関する基礎部分を理解することに繋がります。基礎部分が理解できたら、IT関係の上位資格の取得も目指せるでしょう。

ITパスポートはIT知識の基礎

ITパスポートはIT関係の基礎的な知識を学べる資格だと解説してきました。そのため、ITパスポートはIT以外の業界や業種でも注目されている資格です。また、ITに関する知識が足りないと感じている人が知識を補いたい場合にもおすすめの資格です。では、ITパスポートが有利になることはあるのでしょうか。例えば新卒で就活をしている人や、未経験からIT業界に転職する人などは評価されることがあります。一方で、ITパスポートの知識の内容はITエンジニアの業務内容とは関係のない部分が多いです。IT業界では、その人のスキルを重視している傾向があり資格よりも即戦力を求めています。そのため、エンジニアを目指している人はITパスポート単体だけでは有利になることはほぼありません。

新卒の就活ではアピールできる

ITパスポートを持っていることでパソコンなどIT関係の基礎知識があるという証明になります。スマホが普及してから、普段はスマホやタブレットしか使わないのでパソコンはあまり使えないという人が増えています。そのため、新卒入社した人にパソコンの基本を教えなくてはいけないという企業もあるのです。そこで、ITパスポートの資格を持っていることでパソコンに関する基礎知識があるというアピールになります。他にも、主婦の方が再就職する際に前職からのブランクがある場合や、飲食業などパソコンを使わない業界からオフィスワークに転職する際にも有利になることがあります。

ITエンジニアのスキルとは無関係

ITエンジニアを目指す人にとって、ITパスポートは「基本的な知識を身につける」という目的で取得しておきたい資格です。しかし、「パソコンが使える」「パソコンやITに関する基礎的な知識がある」という証明になる資格なので、あくまでも基礎固めと思っておいた方が良いでしょう。ITパスポートの内容は事務系や営業系、企画系の仕事でも使える知識でIT系の企業に勤める人であれば誰でも知っておくべき知識と言えます。ITパスポートは、ITエンジニアのスキルとは無関係の内容なので注意が必要です。

ITエンジニアの転職ではアピールできない

ITエンジニアへの転職を目指して、転職に有利になるためにITパスポートを取得してもなかなか評価に繋がることはありません。理由としては、ITパスポートは比較的簡単に取得できるのでエンジニアを目指す人が評価されるほどの価値がないことと、ITパスポートの知識は一般ユーザー向けで専門的なエンジニア向けの内容ではないことがあげられます。仕事に直結する資格を持っている場合は有利になることが多いです。しかし、ITパスポートはITに関する知識を浅く広く学べることが特徴です。エンジニアの仕事内容に直結した資格ではないので、未経験からエンジニアに転職する場合はあまり評価されないでしょう。

未経験からIT系企業を目指すならプラスになる

未経験からIT企業を目指す人にとっては、ITパスポートは評価されやすい資格です。IT企業の場合エンジニア以外の職種でもITに関する基礎知識が求められることが多いでしょう。社内会議やクライアントとの打ち合わせなどでは、IT関係の専門用語が使われることが多いです。また、IT企業の場合は即戦力を求められることが多いため、基本的な知識を教えてもらえないことがあります。そのため、IT企業で使われる基礎的な知識があれば転職の際に有利になります。他にも、転職の際に面接などで「IT業界で働きたい」という思いに説得力を持たせることができます。

Webディレクター・Webデザイナーの転職には有利

ITパスポートは、WebディレクターやWebデザイナーへ転職する際に有利になることがあります。エンジニアやプログラマーなどと比べると、WebディレクターやWebデザイナーはITに関する専門的な知識は求められません。しかし、ITに関する基本的な知識やスキルが必要となるため評価される場合があります。

ITパスポートの取得を考えている人におすすめの資格

ITパスポートの資格を取得すれば転職の際に有利になることもありますが、大きく評価がプラスになることは少ないでしょう。そのため、ITエンジニアとして転職したいと思っている人は、ITパスポートのみではなく他の資格も取得しておきたいところです。
・基本情報技術者試験
・MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)
ITパスポートに加えて、さらに上記の資格を取得すれば自らのスキルの高さをアピールできます。

基本情報技術者試験

プログラマーやシステムエンジニアを目指している人におすすめの資格です。基本情報技術者試験の資格を取得しておけば、IT業界への転職の際に技術者としての基本的なスキルを持っていると評価されます。また、未経験からIT業界へ転職する場合は経験不足を補うこともできます。

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

MOSは、Word、Excel、PowerPointなどもマイクロソフトオフィスのソフトのスキルを証明できる資格です。事務系や企画系の仕事ではパソコンを使うことが多いため、WordやExcelなどの事務作業で使うソフトは使えるようになる必要があります。そこで、MOSの資格を持っていれば高い事務処理能力があるという証明になり即戦力としてアピールできるでしょう。

まとめ

今回はITパスポートが転職に有利になるのかについて解説しました。ITパスポートは、IT業界の職種によっては転職の際に有利になることがあります。しかし、エンジニアに転職したい場合は高く評価されることは少ないです。ITパスポートはあくまでも補助的な位置付けとして考え、エンジニアを目指す人は上位資格の取得を目指してみるのがおすすめです。