Unity案件について
Unityエンジニアのフェーズ
平均年収は約300万~500万円と言われ、実務経験があればさらに多くの年収を得ることも可能です。特にUnityを用いた実務経験が3年以上になってくると、年収もさらに増加する傾向があります。

Unityエンジニアの主な仕事内容
・コンシューマー向けのスマホアプリ開発
・ソーシャルゲーム開発
・アニメーション制作
・3Dゲーム開発
主にゲーム開発に携わる要素を担う内容になります。開発以外にもデータの収集や分析等も行い開発したゲームの傾向を定めることや、開発したゲームのテストやデバッグを行う場合もあります。近年ではVRなどの最先端の技術を用いてゲーム開発を行うこともあります。

Unityに必要な言語・技術
Unityで用いられている言語として主流となっているのがC#になります。C#はマイクロソフト社が開発したプログラミング言語で、JavaやC++で取り入れられているオブジェクト指向を採用しています。JavaまたはC++に馴染みのある方は習得しやすい言語といえるでしょう。以前はJavaScriptなどの言語を用いてUnityを利用することは可能でしたが、現在のバージョンで用いるUnityの言語はC#一択になります。さらにグラフィックデザイン、サウンドなどのエフェクト効果、3Dモデルに関する知識を習得しているとゲーム開発の幅が広がり、表現していくことによりUnityエンジニアとしてさらに需要が高まっていくことになるでしょう。

Unityエンジニアの将来性
VRや3D技術など、最先端の技術を用いて開発を行うこともあるため、常に自己研鑽は必要ですが、Unityエンジニアはゲーム開発に携わることがほとんどであり、ゲームに対する世間の需要はあるため、安定した将来性を持った職業であるといえます。また、ゲーム開発以外の領域でもUnityを用いることが増えてきているので、Unityエンジニアの需要はますます増加する傾向があるといえるでしょう。
  • TOP
  • > Unity の案件

検索キーワード:Unity

検索結果:0件

該当する求人はありません


  • 1



Unityとは
Unityの概要
Unityは2005年にユニティ・テクノロジーズ社が開発したゲーム開発ツールになります。クロスプラットフォームに対応しているのが最大の特徴であり、iOSやAndroidなどのスマートフォンはもとより、PS4、Switchなどのゲーム媒体、VR/ARに向けての開発も可能であり、ゲーム開発においては欠かせない開発エンジンとなっています。Unityは基本無料で利用できますが、開発の規模によってはより多岐に及ぶ機能を備えている有料版も利用可能です。ゲーム用の素材も豊富で、アセットストアと呼ばれるツールを用いれば無料または有料のゲーム素材を入手できるため、開発しているゲームに取り入れることができます。また、Unityはゲーム開発だけでなく、VRの技術を活かして医療現場等に取り入れられるケースも増えてきています。ゲーム領域以外でも利用されることが増えてきており、各方面から非常に多く注目を集めているものになります。

Unityの将来性
Unityは複雑なプログラミングが必要なく、直感的な操作が可能である事から、初心者でも取り組みやすく、また開発費用が低くエンジニアへの費用を割くことが可能なため、質の良いゲーム開発を行うために今後需要が増えてくると予想されます。また、ゲーム開発以外の領域にも進出していることから、ゲーム関連以外でもUnityを用いる案件が増えてきており、Unityの価値はさらに上がっていくと予想されます。