支援対象地域:札幌、仙台、関東、愛知、関西、広島、福岡


書類選考・面接で重視される職務経歴書

転職活動で最初の関門となる書類選考を突破し、面接まで進めるかどうか。人事担当者が判断する材料となるのが履歴書、そしてより重要視されるのが職務経歴書です。職務経歴書は、あなたが応募先企業に最適な人材だとアピールするための「プレゼン資料」でもあるからです。しかし、罫線が引かれただけの職務経歴書を前に困惑してしまうこともあるでしょう。そんなエンジニアの方に向け、テンプレートを活用しながら自己アピールできる職務経歴書の書き方を紹介していきます。

アピールできる職務経歴書のポイント

応募者の個人情報が主な内容となる履歴書は採用後に企業が保管するための事務書類ですが、職務経歴書は応募者が自社に最適な人材かどうかを人事担当者が判断するための書類です。両者は似ているようで役割が異なっており、人事担当者にアピールできる職務経歴書は面接で会って話してみたいと思わせるような文章にする事が一番の近道です。

応募先の企業に応じた戦略を練る

まずは応募先企業が獲得しようとしている人材像を想定し、どのような要素をアピールすれば担当者の心を動かせられるのか、応募先に応じた戦略を練るのが重要です。これは経歴やスキルに改変を加えるということではありません。事実に基づいたうえで、応募先のニーズにあわせてアピールポイントにアレンジを加えていくということです。

たとえば、求められる人材像に当てはまりそうなキーワードを盛り込むなどはひとつの方法です。Webエンジニア職であれば、Java、PHP、C++などのプログラミング言語を盛り込んでおく、プロジェクトマネージャー、データベーススペシャリストなどの資格を記載しておくなどが考えられるでしょう。

読みやすさを心がける

職務経歴書のよくある失敗として、あれもこれもと要素を盛り込んでしまい結果的に見づらく読みにくくなってしまっているケースです。どんなに素晴らしい経歴が記載してあっても、読んでもらえないのでは意味がありません。アピールポイントを絞り込み、箇条書きや罫線を利用するなど、簡潔かつ読みやすいように工夫しながら職務経歴書を作成する事がでオススメです。

職務経歴書の書式テンプレート

市販品を見てもわかるように、職務経歴書には決まったフォーマットというものがありません。作成に難しさを感じてしまう方が多い理由はここにあります。とはいえ、代表的な書式テンプレートといえるものは3つに絞る事ができます。具体的に解説していきましょう。

逆編年体式

もっとも新しい経歴から、順番に遡って職歴を記載していく書き方が「逆編年体式」と呼ばれる書式です。転職が当たり前のアメリカではもっとも一般的な書式であり、日本での利用も一般化しつつあるメジャーな書式です。直近の経歴を人事担当者にアピールしやすいため、エンジニアのように現職・前職の能力を活かして転職したい・ステップアップしたいという方に最適です。「逆編年体式テンプレート」で多数の記入例を検索できます。

キャリア式

職務経歴の冒頭で略歴をまとめたうえで、職務内容・プロジェクト単位で成果をまとめて記載していく書き方が「キャリア式」と呼ばれる書式です。これまでにどんな成果を挙げてきたか、どんなスキルを保有しているのかをアピールしやすく、エンジニアを含む技術職・専門職に最適です。転職回数が多いという方にも有効でしょう。「キャリア式テンプレート」で多数の記入例を検索できます。

編年体式

逆編年体式と反対に、もっとも古い経歴から順番に職歴を記載していく書き方が「編年体式」と呼ばれる書式です。転職が一般的ではない日本で広く使われてきた書式でもあり、保守的な企業を中心に広く利用されています。最後まで目を通さないと現在の職歴・能力がわからないというデメリットがあるため、転職回数の少ない方、伝統を重んじる企業への応募に最適です。「編年体式テンプレート」で多数の記入例を検索できます。

職務経歴書に記載すべき項目

Webで検索できる書式テンプレートを見てもわかるように、職務経歴書にはさまざまな書き方がありますが、忘れずに記載しておかなければならない項目が存在するのも事実です。職歴が多い方でも3枚まで、できれば2枚でA4用紙に収まるようにそれぞれの項目の要点を簡潔にまとめていく工夫が必要です。

職務概要(要約)

個々の職務経歴をまとめる形で重要となるものを中心に、3〜5行でこれまでの職歴を簡潔にまとめます。応募者のスキル・経験が自社にとって興味深いものかを人事担当者が判断する項目でもあるため、自分の強みや熱意が伝わるように工夫することが重要です。応募先企業に応じた戦略が活かせる項目だともいえるでしょう。

職務経歴

これまでの職務経歴を記載する項目です。「逆編年体式」「編年体式」であれば、以下の勤務先情報から実績までを勤務先ごとにひとつにまとめ、時系列に沿って順番に記載していきます。「キャリア式」であれば、これまでの略歴をまとめて記載します。それぞれ勤務先ごとの「勤務年月」「勤務先名」を省略せずに正確に記載する必要があります。

勤務先情報

勤務先の事業内容や年商・従業員などの規模、所在地、設立年などを記載する項目です。会社名が記載されているだけでなく、人事担当者が具体的な業務内容をイメージしてもらうためにも、しっかりと記載しておくのが重要です。

「キャリア式」であれば、ヘッダに職務内容やプロジェクトを記載したうえで、勤務先名・勤務先情報を併記します。たとえば、PMとしてプロジェクトを成功させたキャリアをアピールしたいなら、プロジェクト名をヘッダにして参加時の勤務先名・情報を併記するといいでしょう。

所属部署・役職

勤務時・プロジェクト参加時の所属部署や当時の役職を記載する項目です。リーダーやマネージャーとしてチーム・部署をまとめていたというのはアピールポイントになります。率いていた部下の人数も含め、具体的に記載しておくべきでしょう。もちろん、会社規模が小さく部署が分かれていなかった、もしくは役職についていなかった場合は省略しても問題ありません。

職務内容

職歴ごとの具体的な仕事内容を記載する項目です。応募先企業にあわせた戦略をもっとも活かしやすい項目でもあるため、キーワードを散りばめる、アピールポイントを箇条書きで簡潔にまとめるなどの工夫が重要です。社外秘情報でなければ、取引先の具体名などを盛り込むのも効果的です。役職がなくてもマネジメント経験があるなら、どんな小さなものでも記載しておくのもアピールになります。

実績

在職中勤務先企業にどのような利益をもたらしたのか、自身の実績・成果を記載する項目です。単純に売上アップに貢献といった漠然とした表現ではなく、具体的な数値とともにアピールするのがポイントです。成功させた契約金額など、プロジェクトごとの成果を記載するのもいいでしょう。

保有資格・スキル・使用ツール・語学

自身がどのようなスキル・資格を保有していて、応募先企業にどんな価値を提供できるのかを記載する項目です。この項目でも相手先に応じた戦略が活かせます。相手が求めているであろうスキル・資格を真っ先に記載するなどの工夫ができるからです。単純に保有スキル・使用ツールを記載するのではなく、PHP・Javaをコーポレートサイト制作で活用など、具体的な記載をしておくのも効果的です。

志望動機

履歴書に志望動機を記載してあるなら職務経歴書に盛り込む必要はありませんが、履歴書を補足する形で記載しておくのも悪くありません。ただしどちらにも志望動機を記載する場合は、まったく同じ内容にならないようにかつ、矛盾が生じないよう注意する必要があります。

自己PR

応募先企業ごとに練った戦略を最大限活用したいのが自己PRの項目です。すでに保有スキル・資格・使用ツールなどはアピールされているため、それを活用して応募先企業にどんな価値を与えられるのか、どのように貢献していけるのか、職務経歴に書き切れなかったことを補足しながら、考え方や熱意を全面に押し出していくべきでしょう。

職務経歴書は手書きで作るべき?

ここまでで、アピールできる職務経歴書の書き方・留意しておくべきポイントを解説してきましたが、より熱意が応募先企業に伝わるように、手書きで職務経歴書を作成すべきでは?と考える方もいるでしょう。しかし結論からいえば、職務経歴書は書式テンプレートを活用しながらPCで作成するのがオススメです。

たしかに手書きの職務経歴書は熱意が伝わりやすいというメリットがありますが、誤字・脱字など間違えた場合は最初から作成し直さなければなりません。エンジニアの方にとっては、PC操作が苦手なのではないか?と思われてしまうリスクもあります。Webで公開されている職務経歴書テンプレートを活用して自分なりの雛形を作っておけば、応募先企業ごとにあわせたアレンジもしやすくなります。

まとめ

決められたフォーマットのない職務経歴書の作成は、苦手意識を感じてしまう方も少なくないかもしれません。しかし書式テンプレートを活用しながら、ポイントを押さえた手順で進めれていけば、職務経歴書の作成は決して難しいものではありません。応募企業ごとに戦略を練り、要点がつかみやすいよう読みやすく仕上げることが大切です。エンジニアのアピールには逆編年体式・キャリア式有効といったことを念頭に、是非チャレンジしてみてください。