支援対象地域:札幌、仙台、関東、愛知、関西、広島、福岡


公開日:2020-09-03

はじめに

小学校のプログラミング授業必修化など、近年では、プログラミングを勉強する人が以前よりも増えています。この記事では、Webサイトやホームページ、Webアプリケーションの開発に必須のHTMLの解説をしていきます。HTMLとは何か、勉強する際にどういう書籍を選んだら良いかなど勉強の仕方についてIT初心者向けに説明していきます。

HTMLとは

HTMLとは、「HyperText Markup Language」の略です。Webサイトを作成するときに使用される言語で、1番大元の構造を構成したり、基本的な情報を表示したりします。例えば、このテキストの後にこの画像を配置し、ここには、他のページに飛べるリンクを設置するなど大まかな構造を作ったり、この文章を表示したいなどの情報を扱うのがHTMLの役目です。他にもお問い合わせフォームにテキストボックスを配置したり、ボタンを配置したりなどWebサイトの要素を作っていきます。HTMLはそれだけだとただのテキストや画像、テキストボックス、ボタンなどが表示される味気ないページになってしまいます。そこに背景の色や文字の大きさなど見た目をスタイリッシュに整えて行くのが「CSS」です。よくIT初心者の方は、HTMLとCSSを混同しやいですが、HTMLは、テキストや画像を配置するなど大まかな要素の構成を作り、CSSはHTMLで配置された要素にデザイン性を加え見た目を整えるものです。

HTMLやCSSは、プログラミング言語と言われる事もありますが、厳密に言えば「マークアップ言語」と言います。マークアップとは、サイト内の文書に意味づけをしていく作業の事を言います。対するプログラミングとは、コンピューターに出す命令を書いていくことを言います。なので、HTMLやCSSは、厳密に言うとプログラミング言語ではなく、マークアップ言語なのです。

HTMLの勉強について

HTMLは習得も簡単で、Web開発を行うにあたっては必須の知識なので、WebアプリケーションやWebサイトを作りたいと思っているのなら、1番最初に勉強しておくと良い言語でしょう。

テキストエディタ

HTMLの勉強は、自身のコンピューターにテキストエディタをインストールするだけで開始できます。テキストエディタとは、ソースコードやテキストを入力したり、編集したりするためのソフトウェアです。Windowsであればメモ帳、Macであればテキストエディットと言えば、プログラミングをしたことがない人でもわかるでしょう。ですが、メモ帳やテキストエディッタでは、プログラミングをする際にとてもわかりづらいです。「サクラエディタ」や「mi」などのテキストエディタは色分けしてくれたり、自動でインデントをしてくれたりするので、とてもソースコードが見やすくなります。是非、HTMLを勉強する際は、テキストエディタをインストールすることをおすすめします。

勉強方法

HTMLは、前述したように習得が簡単です。書籍を使っての独学でも十分理解できます。
IT初心者であれば、なるべく文字が少なくイラストがあり、「超入門」などと書かれているている書籍をお勧めします。カラーで印刷されているものは初心者向けのものが多いので、そういったものを選ぶと良いでしょう。逆に、カラー印刷でないものや文字数がたくさんあるものは、初心者向けでない場合が多いので、どの書籍を選ぶかは注意が必要です。また、本や文章などを読むのが苦手と言う方であれば、オンライン学習がお勧めです。

Progateなどを使用すると、解説の後に問題が出題され、ヒントなどもあるので楽しく学習を進めることができます。近年では、プログラミング言語やマークアップ言語の勉強の仕方がオンラインを使うなど、どんどん変わってきています。学習する人がよりわかりやすく簡単に習得できるような工夫がされているので、活用すると良いでしょう。

CSS、JavaScriptの習得

先ほどもお話したように、HTMLだけでは、ただの味気ないページになってしまいます。
CSSもつけて、はじめてWebページらしいページが出来上がります。なので、HTMLを勉強したらCSSの習得も必須と思った方が良いでしょう。

さらにかっこいい動きのあるページを作りたければ、JavaScriptを習得すると良いでしょう。そうすれば、コーダーとしてだけではなく、フロントエンドエンジニアとして活躍の幅も広がります。何よりJavaScriptは、アニメーションの便利なライブラリがたくさんあるので、学習もすごく楽しいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。プログラミング初心者で、これからPHPやJavaなどのプログラミング言語を勉強しようと考えている方には、まずHTMLやCSSを習得することをお勧めします。その後、フロントエンドをやりたいのであればJavaScriptをバックエンドをやりたいのであればPHPを学習すると良いでしょう。