支援対象地域:札幌、仙台、関東、愛知、関西、広島、福岡


公開日:2020-08-26

情報処理職種

一口に情報処理系の職種と言っても様々なものがあります。みなさんご存知のシステムエンジニアやサーバーやネットワークを扱うインフラエンジニア、ヘルプデスクと言われるサポートエンジニアなど情報処理業界の職種は皆さんが思っているよりも多く存在します。情報処理業界の職種を大きく分けてると以下のようになります。

エンジニア系プログラマやシステムエンジニアなど
営業・コンサルタント系ITコンサルタントやセールスエンジニアなど
マネジメント系プロジェクトマネージャーなど
開発・研究系新製品の開発や技術研究など

情報処理系の業界は職種によって求められるスキルや知識のレベルが変わり、それによって年収なども違ってきます。ここからはこの4つの職種にはどういうものがあるのか、どういう仕事内容なのかというところをさらに詳しく紹介していきます。

エンジニア系

エンジニア系の職種には、「システムエンジニア」、「プログラマ」、「インフラエンジニア」、「データベースエンジニア」、「Webエンジニア」があります。

まず、システムエンジニアの仕事内容から紹介していきます。システムエンジニアは、クライアントからどういうシステムが欲しいのか要望を聞き出し、要件定義をし、それを設計書に起こしていきます。その設計書を基にプログラマがプログラミングをし、システムを製造をしていきます。そして、最後にテストエンジニアがシステムにバグがないか、思った通りの値が返ってくるかなどのテストをします。

インフラエンジニアの仕事内容は、サーバやネットワークの設計・構築・運用・保守を行います。規模やシステムの種類によってより最適な環境を考え、トラブルを未然に防ぐよう設計し、構築しなければなりません。データベースエンジニアはその名の通りデータベースを扱うエンジニアです。情報処理について最新の情報を取り入れ、どのデータベースを使えば良いかやコストなども考えクライアントに提案していきます。

そして最後にWebエンジニアの紹介なのですが、Webエンジニアはバックエンドエンジニアとフロントエンドエンジニアの2種類に分けられます。バックエンドエンジニアは、データベースサーバとやりとりをしたりするなどサーバ側の処理を作っていくのが仕事です。それに対し、フロントエンドエンジニアは、ユーザーが直接目に触れる画面など作っていくのが仕事です。

営業・コンサルタント系

営業・コンサルタント系の職種には、「セールスエンジニア」と「ITコンサルタント」があります。

セールスエンジニアの仕事内容とは、技術面の専門知識を持ち、クライアント先に赴いて営業を行うことです。基本的には、一般営業職の社員と同行し、クライアントと直接会話しニーズを聞き出し、専門的な部分の説明を素人にもわかりやすく解説したり、技術面からの提案などをしたりします。製品の魅力などを伝え、導入したいとクライアントに思わせる提案力とコミュニケーション力がセールスエンジニアには必要とされます。

ITコンサルタントは、クライアントの問題や悩みなどを調査し、改善方法を企画・提案していくのが仕事です。システムエンジニアが開発のプロセスを担当し、リリースがゴールであることに対して、ITコンサルタントは、システムによって問題が改善されることがゴールであると言えます。そのため、情報処理やIT業界以外の知識や問題解決能力、クライアントに提案するための提案力やコミュニケーション能力が必要とされます。

マネジメント系

マネジメント系の職種には、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーがあります。

プロジェクトマネージャーはそのプロジェクトにおいてありとあらゆる決定権があり、「PM」と略されることもあります。クライアントとプロジェクトチームの橋渡しをしたり、スケジュールや品質、納期などプロジェクトの全体を把握し、管理するのがプロジェクトマネージャーの仕事です。

プロジェクトマネージャーの1つ下のポジションで、現場を管理するのがプロジェクトリーダーです。プロジェクトマネージャーがクライアントなど社外との交渉も含めてプロジェクトを管理するのに対して、プロジェクトリーダーはプロジェクトチームなど社内の取りまとめを行うのが仕事です。開発に関しての高い知識はもちろん、チームを取りまとめるリーダーシップ能力も必要とされます。

開発・研究

最後に開発・研究について解説していきます。企業に属し、システム開発やサービス開発を研究していくのが仕事です。ハードウェアの開発や自動運転技術やIoT、AIの開発や研究を行い、より良いシステムを作り、性能アップやコストダウンなどをすることが目的とされます。時には、その企業の業績を大きく作用することにもなる重要な職種です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。情報処理業界の職種についてお話してきました。
この記事では、情報処理業界の職種を4つのグループに分け、主な職種だけを紹介しましたが、実際には、まだまだたくさんあります。ITと言ったらシステムエンジニアやインフラエンジニアという印象が強いですが、サポートエンジニアなどもITの職種に含まれます。