支援対象地域:札幌、仙台、関東、愛知、関西、広島、福岡


はじめに

ヘルプデスクとは、IT関連のシステムや製品において、分からないことや困ったことがあった際のサポートを担う職業です。 ユーザーからの製品の使い方・技術的な問い合わせや、エラーなどのトラブルに関する問い合わせに電話やメール、チャットで答えるのが主な業務であり、コミュニケーション能力だけでなく技術的な知識を持っている必要があります。例えばPCの基本操作はもちろん、Office製品や他製品に関する知識、合わせてITの基礎知識が必要です。

今回はそんなヘルプデスクに携わる方向けの資格をご紹介します。

ヘルプデスク向け資格のおすすめ

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

概要

オデッセイコミュニケーションズ主催の、マイクロソフトOffice製品の知識・操作スキルを証明する資格です。 Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookの5製品のそれぞれの試験があり、レベル毎、製品バージョン毎に分けられています。

PCの基本操作やOffice製品の知識・操作スキルを客観的に証明するのにおすすめな資格です。

受験料・日程

受験料 スペシャリスト:一般価格 ¥10,780(税込)、学割価格 ¥8,580(税込) エキスパート ※1:一般価格 ¥12,980(税込)、学割価格 ¥10,780(税込) 日程:全国一斉試験※2とCBT方式での随時試験の2種類の受験方式があります。 全国一斉試験:月に1回もしくは2回実施され、開催日は主に第3日曜日とされています。※3 CBT方式での随時試験:受験会場によって日程が異なるため公式サイト(https://mos.odyssey-com.co.jp/exam/location.html)から確認しましょう。

※1 MOS2013のエキスパートレベルはPart1、Part2の2つに分かれており、受験料は一般価格で¥10,780(税込)、学割価格で¥8,580(税込)となっています。

※2 全国一斉試験はMOS2013、2016のみの実施です。

※3 2020年は全13回の実施が予定されています。今後(2020年7月27日現在)は第277回が2020年8月23日(日)、第278回が2020年9月13日(日)、第279回が2020年10月18日(日) に実施される予定となっています。

ITパスポート

概要

情報処理推進機構(IPA)が運営するIT系国家資格「情報処理技術者試験」の一つです。エンジニアだけでなく全ての社会人に必要なIT知識を広く問うものとなっています。具体的にはコンピュータシステムやデータベース、ネットワークに情報セキュリティから、企業活動や関連業務に関する知識が問われます。論理的思考力やシステム的思考、関連法規やセキュリティに従った活動ができることも必要です。

学習・取得を通してITの基礎知識から経営・会計・法務・マネジメント関連まで広く業務で活かせる知識を身につけられるおすすめの資格です。

受験料・日程

受験料:¥5,700(税込) 日程:CBT方式で随時実施されています。テストセンターにより日程が異なるためiパスwebサイト(https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html)で確認しましょう。支払い方法と申し込み時間にもよりますが、最短で申込日の翌日から3カ月後までの試験が予約できます。※

※ 申込日の2日後までに実施する試験に申込んだ場合は、申込み後の試験日時の変更はできないため注意しましょう。

基本情報処理技術者

概要

情報処理推進機構(IPA)が運営するIT系国家資格「情報処理技術者試験」の一つです。SE(システムエンジニア)の登竜門とも言われ、多くのIT企業で取得が推奨されている資格です。情報技術全般を理解し、上位者の指導の下、システムやソフトウェアの設計・開発から運用までが行えるレベルのより深い知識が問われます。

取得することで高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能を有しているとみなされます。

受験料・日程

受験料:¥5,700(税込) 日程:春と秋の年2回受験でき、春期試験が4月第3日曜日、秋期試験が10月第3日曜日に予定されています。申込み受付期間は春期試験が1月中旬〜2月中旬、秋季試験が7月中旬〜8月中旬と決められています。

※ 2020年は新型コロナウイルスの影響により春期試験が中止となっています。今のところ秋季試験は2020年10月18日(日)に実施予定で個人申込みは8月11日(火)18時まで、団体申込みは8月5日(水)18時まで受け付けています。

ITIL®ファンデーション

概要

ITIL®ファンデーションは、英国政府と契約を結んだ英国AXELOSが認定する世界共通資格です。ITサービスマネジメント及びITIL®の基本的な知識を幅広く問うものです。 ITベンダーをはじめとした多くの組織でITサービス関連業務に従事する上での必須資格であると定められ、日本でも非常に人気の高い資格です。日本語試験の合格者は累計17万人を超えるとも言われています。

取得することでITシステム運用の体系的な知識を有しているとみなされます。

受験料・日程

受験料:¥43,890(税抜) 日程:CBT方式で随時実施されています。テストセンターにより日程が異なるので自分が受験するテストセンターのサイトなどで確認しましょう。 参照:ピアソンVUE試験会場(テストセンター)検索(https://wsr.pearsonvue.com/testtaker/registration/SelectTestCenterProximity/PEOPLECERT?conversationId=1910084) プロメトリック試験会場(テストセンター)検索(https://www1.prometric-jp.com/reserve/center_map.asp)

CIW(Certified Internet Web Professional)

概要

Cartification Partners LLC (CP社)」が運営するインターネット技術者のための特定のベンダーに依存しない中立的な世界共通の国際資格です。インターネットやWebに関する知識・技術の理解度が問われ、そのレベルを証明するものです。世界主要70ヵ国以上で実施されており、約20万人の合格者がいると言われている人気資格です。CIWのコンセプトに基づき、CIWで認定される標準スキルの範囲・内容を身に付けるための公式の学習コースもあわせて提供されています。受講することで体系的な学習ができ、専門的なIT技術を身につけることができます。またそれぞれの段階でのレベルの証明にもなるのでおすすめです。

CIWはWebの基礎やセキュリティ、デザイン、開発の4分野に分かれていて、職種別・レベル別での認定が受けられます。国際資格なので自分が有しているITスキルをより客観的に示すことができます。

受験料・日程

受験料 CIWオンラインストア;150米ドル※/1試験 ピアソンVUE:¥15,000(税抜)/1試験 日程:特定の試験日時は設けられておらず、希望日時での受験が可能です。ピアソンVUEのサイトでテストセンターの検索ができるのでそちらから確認しましょう。 参照:ピアソンVUE試験会場(テストセンター)検索(https://wsr.pearsonvue.com/testtaker/registration/SelectTestCenterProximity/PROSOFTTRAINING?conversationId=1914804)

※ 日本円での換金レートはクレジットカード会社により異なるため支払金額が変わる場合があります。

おわりに

ここで紹介した資格はどれもヘルプデスクへのキャリアチェンジを考えられている方、すでにヘルプデスクに携わっている方にもおすすめできるものです。

ヘルプデスクは企業にとっての問い合わせ窓口であり、ユーザーや社内の人間からのあらゆる問い合わせにも対応できるだけの知識やスキルが必要です。そのため厳しい面もありますが、やりがいと成長の見込める職業であるのは間違いありません。興味のある方はぜひ一度調べてみましょう。



関連案件一覧
37万円 NW/監視保守業務