支援対象地域:札幌、仙台、関東、愛知、関西、広島、福岡


公開日:2020-09-16

フリーランスは会社に勤務するワークスタイルとは全く違う新しいワークスタイルとして人気を博していますが、フリーランスという生き方を選んで後悔する人も少なくないでしょう。フリーランスとして働くのか会社に勤務する生き方のままでいるのか。どちらかに決めるのは、まさしく今後の人生を支える重要なターニングポイントだと言えます。 それでは、フリーランスとしての生き方は今後の人生においてアリかなしかご説明しましょう。

フリーランスとしての生き方は十分アリ

結論から言えば、フリーランスとしての生き方は十分アリです。 というのも、フリーランスは職業ではなく、一つの生き方として『会社員』という働き方と同じように『フリーランス』の新しい生き方として広く知られる概念の一つとなっています。一言でフリーランスといっても、エンジニアやスポーツインストラクター、コンサルタント、専従型フリーランスなど、フリーランスとしての生き方は人それぞれです。

ただ、安易にフリーランスとしての生き方を選ぶと何らかの落とし穴にハマる可能性があるのは確かです。フリーランスが選ばれる背景は様々ですが、どんな注意点があるかどうかも分からないのにこれからフリーランスとして生きていくと意気込んでも、後悔してしまうかもしれません。

安易にフリーランスとしての生き方を選択して後悔しないようにするためにも、自分はなぜフリーランスを目指すのかを考えましょう。

フリーランスを選択するきっかけは人それぞれ

これからの生き方を左右する中でフリーランスを目指すきっかけになった理由は人それぞれです。なぜフリーランスを選択したのかきっかけを知ることで、自分のこれからの生き方に影響するきっかけになるかもしれません。 それでは、フリーランスを選択したきっかけについてご紹介しましょう。

仕事とプライベートを両立させたいから

フリーランスの最大のメリットは、自宅にいながらでも仕事ができることです。つまり、仕事とプライベートを両立させながら働けるので、プライベートが疎かになることはありません。会社に勤務する場合、家のことをパートナーに任せきりにしてしまったり、一人暮らしの場合は疲れて帰ってきている中で家事をこなさなければならないなど、なかなか思うように両立させるのが難しいです。

しかし、フリーランスであれば自宅で仕事ができるため、家事をしながらでも仕事ができるのが最大のポイントです。休みたい時に休み、働きたい時に働けるのはフリーランスでしかできない生き方でしょう。時間的自由を求めてフリーランスを目指す人は数多くいるため、フリーランスとして働く際の注意点を知り目指してみるのも一つの手です。

身体を壊したとしても無理なくリスタートできる

会社に勤務するにしても、働き過ぎて身体を壊すケースは少なくありません。その場合、静養している間にもう一度以前の職場に復帰するのか、それとも別の選択肢を選ぶのか決める必要性があります。しかし、以前の職場に戻る場合だと、また身体を壊してしまうかもしれませんし、そもそも以前のようにバリバリと働けない可能性があるでしょう。

そこで選べるのが、無理なくリスタートできるフリーランスという生き方です。フリーランスは前述の通り、自宅にいながら仕事がこなせるワークスタイルです。つまり、疲れたら一休みして仕事を再開することができます。

フリーランスであれば場所を問わず働けるので帰省していても問題ありませんし、そのまま地元に根差した生活を始めて慣れ親しんだ土地で働ける喜びを噛みしめることもできます。

育児や家事との両立

家庭の事情によって、少しの時間だけでも働きたいという人にとってフリーランスとしての生き方は最適だと言えます。本当はフルタイムで働きたいけど、家事や育児で忙しいのでほったらかしにして働くのは難しい、でも少しの時間を無駄にしたくない人もいるのではないでしょうか。

特に家事や育児を任されやすい主婦にとって、決まった時間を作って働けるフリーランスは非常に相性が良いです。出産を機にフリーランスに転職したケースも少なくないため、フリーランスとしての生き方は主婦を支える働き方の一つだと言えるでしょう。

また、家族との触れ合いを大事にしたいけど働きたいという人にもおすすめです。子どもと可能な限り家に一緒にいたいと思う主婦にとって、家にいることはとても大切なことです。しかしその一方で、働きたいという思いを捨てきれない人もいるでしょう。

フリーランスであれば自宅で仕事ができるため、子どもと一緒に過ごしながら仕事ができることは大きなポイントです。

時間に融通が利く働き方を探していた

家庭の事情、病気、外出する機会が多い人など、様々な問題を抱えている人も多いでしょう。人によって確保できる時間が異なる上に、時間に融通が利く仕事を探していてもなかなか見つからないこともあります。

しかし、フリーランスであれば働きたい時に働けるので、時間に融通が利くようになるのが最大のメリットです。さらに自宅に限らずネット環境さえあれば外出先でも仕事ができるため、働く場所が限定されないというのもポイントが高いでしょう。

働く時間や場所に融通が利くため、時間や場所に左右されたくない人はフリーランスがおすすめです。

常に仕事に追われない生き方を目指そう

フリーランスという生き方は確かに魅力的ではありますが、逆に常に仕事に追われていると感じて後悔してしまう人も少なくありません。フリーランスとしてやっていく以上、生き方を後悔しないためにも、外部委託できることは外部委託するのがおすすめです。

本来であれば仕事に追われている状況は収入が不安定なフリーランスにとって大変ありがたいと言えます。しかし、何もかも全て自分自身のみで完結しようとするからこそ、疲れて常に仕事に追われて手も足も出ないような感覚に襲われてしまうのです。

このような状態にならないためには、自分にしかできないことを自分で完結させ、外部委託できることは可能な限り委託してしまうのが効果的です。自分は重要な部分にも集中して着手できるので、常に仕事に追われている状況下でも安心して仕事をこなすことができます。

まとめ

フリーランスとしての生き方は非常に有意義になり得るものです。フリーランスになったきっかけは人それぞれであり、何より自宅で仕事とプライベートの両立ができるのが最大のメリットです。家庭の事情や身体を壊した後に無理なくリスタートできる選択肢の一つになるなど、フリーランスは会社勤務にはない魅力が沢山あります。

ただ、仕事量が多くなると常に仕事に追われているような感覚になるため、外部委託できる部分は委託するようにすると効率良く仕事ができるでしょう。